入れ歯でお困りの方へ

義歯の症例

<56歳女性>
初診時:
入れ歯が合わない。歯に穴があいているを主訴に来院。

上下のかみ合う平面が歯周病による歯の動揺のためかなり急カーブを描いている。
下顎の突き上げに対して上顎の入れ歯が揺すられ、骨がかなり吸収してしまっている。

保存不可能な左下の臼歯を抜歯後,CTにて骨の厚みや高さを計測しインプラントを埋入。

下顎は左右でしっかりと固定式の力が入る状態を確立。
下顎がしっかりとした分、上顎の入れ歯は自然な装着感や相当な吸着がなければ違和感や痛みに負けてしまう。
精密な型取りとかみ合わせの記録、顔のバランスから導きだした精密義歯により求めたのは絶対に落ちてこない、なおかつ入れ歯とはわからないほどの自然感でした。
約1年半の治療期間を経て。