マイクロスコープでできる治療

インプラント

インプラント治療とは?

インプラント治療とは歯を失ってしまった所にチタン製の人工歯根を植え付け、後に人工歯を取り付けることによって、歯が生えてきたように咬むことができる治療法です。

インプラントは、ただ単に欠損部分の機能の回復を図るだけではなく、より健康的で豊かな生活を送りたいという欲求にこたえるために、入れ歯・ブリッジの欠点を解消する治療法として発達してきました。インプラントは、天然の歯とほとんと変わらない間隔で、食事や会話を楽しむことができます。

インプラントの構造

インプラントの構造

インプラントは右イラストに示すような構成要素から成り立っています。

歯根部はこのようにネジのような形をしています。インプラントには様々な太さや長さがあり、埋め込む場所や患者さんの顎の骨量に合わせて選択されます。

インプラントと人工の歯冠の連結部をアバットメント(支台部)といい、人工の歯冠の支台として噛む力をしっかりとうけとめています。 人工歯はセラミックや硬質プラスチック、金属で作られています。

インプラントは歯の根っこを回復するから、自分の歯に近い

歯が折れたときなどに差し歯をされたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、差し歯は歯の根の部分がある場合に、その根っこを活かして固定します。

また、一般的に歯がなくなった時の治療として行われるのは、歯のない部分の両隣の歯を削り、歯をつなぎあわせた歯冠を取り付けるブリッジや、取り外しできる入れ歯になります。

インプラント、ブリッジ、入れ歯

それぞれの治療には一長一短あるのですが、歯の根っこの機能を回復でき、自分の歯同様に噛めるようになるのはインプラントしかありません。

インプラントはしっかり固定するから、しっかり噛める!

インプラントについて詳しく知りたい方はこちらへ
良質なインプラント、高い技術力。インプラント治療