歯列矯正

ORTHODONTIC

不正咬合の代表例

噛み合せに問題のある人は、これらの症状をいくつか併せ持っていることが多く、不具合の程度や要因は、多種多様で同じタイプの不正咬合は一つとしてありません。

審美的に問題となる場合

上顎前突
上顎前突

いわゆる『出っ歯』。日本人に多い。上の前歯が極端に前に突き出ている。その他、あごの骨自体が飛び出しているケースもある。

原因
・舌の押し出し
・ポジション不正
・上唇の筋力不足
・口呼吸上顎の過成長
・下顎の劣成長

反対咬合
反対咬合

下顎前突とも言う。いわゆる『受け口』。下の前歯が上の前歯より出ている。横顔をチェックするとしゃくれたような感じになっていることも多い。

原因
・舌の位置が低すぎる
・下顎の過成長

上下顎前突
上下顎前突

上下の前歯が前に突き出ているので、うまく噛めないばかりか、尖った口元ばかりが目立ってしまい、唇が自然に閉じないため、見た目も良くない。

原因
・舌の押し出し
・過成長

叢生
叢生

『八重歯』や『乱ぐい歯』のこと。歯が重なり合って、でこぼこの状態。歯ブラシが隅々まで行き届かないので、虫歯や歯周病の原因になることも。

原因
・スペース不足
・アゴの育形成不足
・歯が大きすぎる

機能的に問題となる場合

開咬
開咬

一部の歯(例えば前歯)が開いたまま咬み合わず、麺類などを噛み切れないような状態。無意識のうちに口をあけてしまっている。

原因
・舌を間にいれてしまう
(無意識食事中)
・咬合力不足

交叉咬合
交叉咬合

歯の前後的位置が1本か2本、逆の状態を指す。顔面が非対称になることも。ひどい場合は、物を強く噛んだり、歯を食いしばったりすることができない。

原因
・熊癖(うつぶせ、横寝、ほおづえ)

過蓋咬合
過蓋咬合

上の歯が下の歯に必要以上にかぶさっている状態。深く噛み込んでしまうため、歯の接触がきつく歯をすり減らしてしまう。

原因
・舌を臼歯部にまいて圧下させる
・うつぶせ寝

矯正治療とは、これらの不正咬合を正しい噛み合せにする治療方法です。ただし永久歯の場合、あごの発育も終わっているため、あごの大きさと位置を変えることはできません。そのため、あごに合わせて歯を並び替える方法をとりますが、歯の並び方の方が大きかったり、不調和が著しい場合には抜歯や外科手術が必要な場合があります。

ご予約・お問い合わせはこちらまで
0562-44-2111

アクセス

〒474-0038 愛知県大府市森岡町1丁目187番 TEL:0562-44-2111
  電車・新幹線でお越しの場合/JR名古屋駅より快速で12分「大府」駅西口より徒歩15分
  お車でお越しの場合/知多半島道路大府インター下車 大府市方面に3分
  飛行機でお越しの場合/セントレア中部国際空港より30分
診療時間
9:30-13:30(最終受付13:00)
15:00-18:30(最終受付18:00)

※土曜日の診療時間は9:00-14:00(最終受付13:30)です
※初診の方の受付は平日18:00、土曜日13:00までとなります
※当院は完全予約制のためお越しの際は必ずお電話下さい

^