歯列矯正

ORTHODONTIC

知っておきたい基礎知識

きれいな歯並びと悪い歯並びとはどこが違うのかご存知ですか?
自分の歯並びの欠点がどこであるのか、自己判断してみましょう。

自己診断チェック!

正面からチェック

正面からチェック

上の前歯と下の前歯の真ん中が一直線になっており、また、上下前後で2~3ミリ重なっているのが理想的です。

鏡の前で奥歯を噛み合わせて「イー」としてください。

aaa

このような症状はありませんか?
・顔の中心線(正中線)の上の前歯と下の前歯の中心が一本のラインでまっすぐに並べない。
・上と下の前歯がお互いに噛み合っていない。
・下の前歯が半分以上、上の前歯に隠れている。
・歯と歯の間に隙間があり、デコボコしている。

横からチェック

横からチェック

唇のEライン上、もしくはやや内側にくるのが理想です。ただし、一般的に日本人は鼻がそう高くないため、理想型の人はそう多くはありませんが、噛み合わせの悪さが原因でクリアできなことも。

姿勢良く立ち、横顔もチェックしよう。

aaa

このような症状はありませんか?
・鼻先とアゴを結んだ線(Eライン)よりも、唇が突出ず、または極端に届かない。
・上下の歯が交互に噛み合ってない。
・上の前歯と下の前歯の隙間が5ミリ以上ある。
・下の歯の方が、前の歯より前に出ている。

歯並びを全体的にチェック

歯並びを全体的にチェック

成人は口の中心から左右に7本ずつ、上下のあごに14本ずつ、計28本の永久歯が揃っているのが理想です。

大きく口を開けてお口の中全体を見てみよう。

aaa

このような症状はありませんか?
・永久歯28本が揃っていない。(親知らずを除く)
・親知らずがある。
・歯と歯の間に隙間がある。
・キレイな歯列弓を描かず、デコボコしている。

何が影響する?

遺伝

遺伝

矯正治療とは、これらの不正咬合を正しい噛み合せにする治療方法です。ただし永久歯の場合、あごの発育も終わっているため、あごの大きさと位置を変えることはできません。そのため、あごに合わせて歯を並び替える方法をとりますが、歯の並び方の方が大きかったり、不調和が著しい場合には抜歯や外科手術が必要な場合があります。

食事

食事

良く噛まなくても食べられるやわらかいものばかりの食生活ではあごが充分に発達せず、歯の大きさとのバランスが悪くなり、結果として小さいあごに大きながならびきれず悪い歯並びとなります。

くせ

くせ

唾を飲むときに舌を突き出したり、指しゃぶりなどの(3才ぐらいまでは問題ない)くせを続けていると、開咬(前歯が噛み合わない)や出っ歯の原因になることがあります。

乳歯の虫歯

乳歯の虫歯

乳歯は永久歯がきちんと生えるためのガイドの役目をしています。そのため乳歯が虫歯で失われたりすると、永久歯が正しい位置に生えてこれず、歯並びや咬み合せに影響します。

口呼吸

口呼吸

正常な呼吸の方法は鼻呼吸ですが、口呼吸を続けていると、歯を唇で抑える力が弱くなって舌の位置が変わったり、筋肉のバランスが壊れ、受け口や出っ歯の原因になることも。また顔面の発育・成長にも悪影響を及ぼします。

ご予約・お問い合わせはこちらまで
0562-44-2111

アクセス

〒474-0038 愛知県大府市森岡町1丁目187番 TEL:0562-44-2111
  電車・新幹線でお越しの場合/JR名古屋駅より快速で12分「大府」駅西口より徒歩15分
  お車でお越しの場合/知多半島道路大府インター下車 大府市方面に3分
  飛行機でお越しの場合/セントレア中部国際空港より30分
診療時間
9:30-13:30(最終受付13:00)
15:00-18:30(最終受付18:00)

※土曜日の診療時間は9:00-14:00(最終受付13:30)です
※初診の方の受付は平日18:00、土曜日13:00までとなります
※当院は完全予約制のためお越しの際は必ずお電話下さい

^