マイクロスコープでできる治療

歯周病治療

歯周病って何?

健康な歯が抜け落ちてしまう怖い病気、歯周病。
30歳~40歳代の80%以上が歯周病にかかっているといわれており、自覚なく静かに進行する恐い病気です。

歯周病とは細菌を原因に引き起こされた炎症によって、歯を支える骨を失っていく病気です。歯を建物に例えると、地盤がゆるんでくるような感じです。病状が進行すれば、歯を建物に例えていうと、倒壊します(歯が抜けてしまいます)。また、歯周病菌は口の中だけにとどまらず、血流にのって全身を回り、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病・早産などにも関与していることがわかってきています。

歯周病って何?

ブラッシングでは除去できない歯石を徹底的に除去し、歯周病に侵され弱ってしまったそれぞれの歯に合った噛み合わせをつくります。歯がグラグラしている時はしっかりした歯と接着し固定したり、あまりに病状が進行した歯は抜くことが必要な場合もあります。
放っておくと周囲の歯にも悪影響を及ぼすからです。そういった場合には何かしら人工の歯をいれる欠損補綴という処置も必要になります。
歯並びが悪く、歯周病の改善が見込めないような場合や、歯周病によって歯が移動したような場合には矯正治療も必要になる場合があります。当院では徹底的に歯石を除去するために歯周外科治療も積極的に行っています。また全身疾患をもっていて外科的な治療にはリスクが高い患者様や、外科的な治療が苦手な患者様には基本的な治療を行った後にレーザー治療と薬物治療を併用しておこなって成果を上げております。

歯周再生療法におけるマイクロスコープの応用

黄色の枠内に見えるのが、歯周病の原因である。
石灰化沈着物(歯石)です。これを再建外科手術時に完全郭清することが最も重要であり、取り残しをしないために、マイクロスコープで確認しながら手術を行ってまいります。
右の拡大写真は、マイクロスコープを使用した後の状況です。
術後の成績を左右するのは、この臨床的精度なのです。

当院では歯科衛生士もマイクロスコープを使用して歯石除去を行います。
歯石除去こそマイクロスコープが最も力を発揮するところです。
肉眼では歯石を取ることが出来ないため

歯周病の場合、口内環境を清潔に保つ治療を続けることで治すことができます。
重度の歯周病の場合、通常はそれ以上の悪化を防ぐ現状維持か抜歯でしか対処できません。
しかし当医院では再生療法という最先端の治療を行っており、歯周病によって失われた組織(歯ぐき、あごの骨など)を臨床上、蘇らせる事ができ詰め物ではなく自分の歯で食事をすることができます。抜歯はなるべくしたくないという患者様におすすめの治療法です。

歯周病って何?

歯周病って何?

歯周組織の状態を調べるために、歯周ポケットの深さを計ったり、レントゲンを撮ったり、その他治療に必要な検査を行います。

歯周外科手術