診療案内

STERILIZATION

根管治療

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を用いた根管治療

根管治療
当院ではマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を用いた根管治療を行い、根管内部まで直接目で確認しながら治療を進めています。
このマイクロスコープ(手術用顕微鏡)は拡大鏡(ルーペ)とは全く違います。
見たいところを拡大して見られることに違いはありませんが、狭くて暗い根管の奥まで光を照らすことがマイクロスコープ(手術用顕微鏡)で可能になります。

根管治療/歯内療法ではマイクロスコープの実力を大きく発揮

根管(歯の根の管)が消失して治療不可能なところを、最新の超音波切削器を使用して注意深く切削(ドリルとは違い、極少量しか切削できないので安全)しながら見つけ出し、従来なら抜歯に至る症例を保存できる可能性が増えます。

根管治療について

歯の中にある神経が入っていた空間をきれいに洗浄しゴム状のお薬を詰めることです。

根管治療には2通りの場合があります。
◆歯の神経はまだ残っているが虫歯が大きくてその歯の神経を取る必要がある場合。
◆治療は受けているが根っこの先に膿みの袋が出来ていたり、詰めものが取れ一度治療した神経の空間が再感染をしている場合です。
どちらも治療方法は同じですが、再根管治療は神経が入っていた空間の中に何かの障害が起こっている場合があり、治療が困難な場合があります。

根管治療

ラバーダム防湿

ラバーダム防湿
根管治療をできるかぎり無菌的に行うために、ラバーダム防湿ということも行っています。
これは、ゴムの薄いシートを金属製の留め具みたいなもので歯に治療の時だけに装着することです。
これを装着することで口の中の細菌や、唾液が根管に侵入するのを防ぐことが出来ます。
また、治療に用いる器具が口の中に落下するのを防いだり、根管の中を洗浄する際に使用する薬剤等が口の中に漏れ出さないようにもします。

根管治療の流れ

STEP1:根管長の測定
根管長の測定
神経を取り除き、根管の長さを正確に測定します。
STEP2:根管の掃除
根管の掃除
根管の中の汚れ、むし歯菌に侵された象牙質などを完全に取り除きます。
STEP3:薬剤による消毒・殺菌
薬剤による消毒・殺菌
根管の汚れを完全に取り除いた後、むし歯菌が残らないよう消毒します。
STEP4:根管充填
根管充填
根管の消毒後、薬剤を根の先端まで隙間なく詰めて密閉します。
STEP5:歯根に土台を入れ、クラウン(被せ物)をする
歯根に土台を入れ、クラウン(被せ物)をする
歯根の上に土台を入れ、クラウン(被せ物)を被せて治療が完了します。

根管治療の症例

根管治療の治療ケース①

Apicoectomy

根管治療の治療ケース②

保険治療と保険適用外治療との比較

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使った保険適用外歯内療法

保険治療と保険適用外治療との比較

最良治療を行う為に欠かせないラバーダム防湿法について

口腔内は細菌の培養器と同じ環境で、湿潤、栄養、酸素、無酸素など、 細菌増殖に好環境です。そのため、唾液には多数の細菌が存在しています。
本来は無菌状態である歯の神経や根の先が、唾液に触れた瞬間に細菌感染します。
歯を治療するということは体の内部(臓器や血管・神経など)の外科手術 をしていることと全く同じで、いかに無菌的な処置をするかが重要です 。

ゴムのマスク(ラバーダムシート)

ゴムのマスク(ラバーダムシート)

ラバーダム防湿法は、ゴムのシートに小さな穴を開けて、そこに歯の頭を出して、 金属製バネ(クランプ)や糸ようじ(フロス)などで歯に固定する方法です。
つまりラバーダム防湿法は、無菌状態である歯の神経(歯髄)を 唾液や細菌からを隔離する方法です(歯のための小さな手術室を作る方法)。

海外では歯の神経の治療を専門としている歯科医師の90%以上が使用 しています。アメリカでは、犬の歯科治療でさえ、ラバーダムシートを使用します。しかし日本では、その普及は極めて低く、5%以下とされています。

長期的な予後では ラバーダムを行った歯の神経の治療の成功率が90%以上とされているのに対しラバーダムを使用せず治療を行った場合の成功率は50%以下 と報告されています。
当院では、歯の神経治療の前準備で可能な限りラバーダム防湿法を行っています 。
当院ではラバーダム防湿は歯の神経治療を成功へと導く重要な要件と位置づけ それは何より歯の為、患者さんの為にしなければならないと 考えているからこそこだわりを持って実施を推奨しています 。

ラバーダム防湿法のメリット

治療歯を清潔な状態に保てます

唾液や舌の影響を防ぐことにより歯を清潔で乾燥した状態に保つことができます。
また、治療費の面、必要な薬液を口腔内に垂れ流す危険が少なく安全です。

丁寧に治療を行うことができます

感染源となる唾液を排除する以外に口腔内の軟組織(歯肉・口唇・舌・頬)の排除と保護がすぐ行  えます。ラバーダムをする事により歯科医師が左手で口腔内の口唇や頬を押さえる必要がなくなり、両手で治療が行えるのでより丁寧な治療が可能となります。

治療を受ける患者さんも安心

ラバーダム防湿法のメリットを知っていただくことにより患者さんにも安心して治療を受けて頂け  ることができます。治療器具の誤嚥の予防にもなり安心です。

料金

抜随/感染根管 (ラバーダム・隔壁代・コア除去代・投薬代含む)

前歯 ¥70,000 / ¥90,000/本
小臼歯 ¥90,000 / ¥110,000/本
大臼歯 ¥110,000 / ¥130,000/本

歯根端切除術

前歯 ¥110,000/本
小臼歯 ¥130,000/本
大臼歯 ¥150,000/本

(投薬代含む、3ヵ月後、6ヵ月後の検診代を含む)
(当院で行った歯内療法後半年以内に外科的歯内療法が 必要になった場合は半額になります。)

MTA(覆髄・パーフオレーションリペア) ¥20,000/本
破折ファイル除去 ¥50,000/本

ご予約・お問い合わせはこちらまで
0562-44-2111

アクセス

〒474-0038 愛知県大府市森岡町1丁目187番 TEL:0562-44-2111
  電車・新幹線でお越しの場合/JR名古屋駅より快速で12分「大府」駅西口より徒歩15分
  お車でお越しの場合/知多半島道路大府インター下車 大府市方面に3分
  飛行機でお越しの場合/セントレア中部国際空港より30分
診療時間
9:30-13:30(最終受付13:00)
15:00-18:30(最終受付18:00)

※土曜日の診療時間は9:00-14:00(最終受付13:30)です
※初診の方の受付は平日18:00、土曜日13:00までとなります
※当院は完全予約制のためお越しの際は必ずお電話下さい

^