インプラント

治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療においては、まず、十分なカウンセリングと口腔内検査、綿密な検査を通じ、詳細なインプラント治療の計画を立てることから始まります。
治療計画が決まったら、患者さんに手術の詳細を説明し、患者さんご本人の同意を頂き、その後、インプラントの手術ということになります。 インプラント治療においては、術前の診断が特に重要となります。

的確な診断をすることにより、安全で確かな治療を行うことができるからです。

インプラントとは

カウンセリング

カウンセリングルーム

現在のお口の状態、お悩み、ご希望などをお聞かせください。
各種口腔内検査を行い、レントゲン撮影をさせていただいた上でインプラントにかかる期間や方法、費用などについてご説明いたします。

検査

検査

お口の中の検査をし、レントゲン写真、口腔内写真を撮ります。
CTを撮り、骨の状態を詳しく調べます。
インプラントを最適な場所に埋めるため、コンピューターでシミュレーションを行います。

検査

インプラント術前における採血の重要性

インプラント治療を安全に受けるためには、患者さんが現在健康で全身状態が良好かどうか、感染性血液疾患がないかどうかを確認してからオペを行う必要があります。そのために血液検査が必要になるのです。

治療計画立案

インプラントの本数、治療にかかる期間、費用等について計画を立てます。
補綴処置や事前処置、増骨術の必要の有無、インプラントの本数によって治療計画は異なってきます。CT画像を用いて正確な骨の形状を把握した上で、患者さん一人一人にとって最もよい治療計画を立てさせていただきます。

前処置

インプラント治療を開始するにあたって、まずお口の中の環境を整えます。これは非常に大切な処置でインプラント手術の成功のキーポイントになります。具体的には歯を抜いたり、歯周治療、虫歯の治療、仮歯の作成などがこれにあたります。

コンピュータシュミレーション

コンピュータシュミレーション

iCATナビゲーションシステムは、これまで経験や勘に頼らざるを得なかったインプラント治療において、シュミレーションから手術を助けます。
また、CT画像からコンピュータ上で適正なインプラント埋入位置を3Dでシミュレーションし、その結果を反映したガイド・ドリルにより、安全で精度の高い手術が行えます。

手術

手術

手術に際して感染は大きなリスクとなります。そのリスクを排除するため当医院では術者も普段の白衣とは違い滅菌した手術着を着用し、手術器具も滅菌したものを使用しています。手術中は血圧や血液中の酸素濃度、脈拍などを装置を用いて監視しております。又、手術中の患者さんのストレスを軽減するため静脈内鎮静も行っております。
手術は歯肉や頬が腫れることがありますが一週間ほどで元に戻ります。痛みについても個人差はありますが、翌日以降はほとんど生じません。

手術

インプラント治療では、生体モニターを使用します。
生体モニターにより手術中の血圧や脈拍、血中酸素濃度を慎重に確認しながら治療をすすめていきます。

患者さまの全身の状態変化をリアルタイムに把握しながら治療をすすめることで、ご年配の方や何か疾患をお持ちの方も、より安全に治療をお受けいただけます。特に術中はどうしてもストレスがかかってしまいますので、患者さまが不安や緊張感により脈拍が上がりがちになります。そのような変化をモニタリング出来ますので、患者さまの痛みの状態、麻酔がきれたかどうかを判断するのに役立ちます。
生体モニターは、患者さまの身体の状態を把握するためには必要不可欠なものです。

治癒期間

個人差がありますが2~6ヶ月の治癒期間(安静期間)をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合(オッセオインテグレイション)するのを待ちます。一般的には骨の質・量とも有利な下あごで2~3ヶ月程度。上あごで3~6ヶ月程度です。この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。

治癒期間

術後4ヶ月~6ヶ月(上顎)(下顎は術後2ヶ月~3ヶ月)に上部構造(セラミックスのかぶせ物)の型取りをし、型取り後1~2週間後にセラミックスの歯を装着します。1~2週間歯を使用しながらかみ合わせの調整もおこないます。

治癒期間

メンテナンス

インプラントの治療終了後はホームケアが重要です。こころ歯科クリニックではお手入れの仕方をしっかりとご案内し、定期的な口腔内チェック・クリーニングを致します。治療終了後は指示に従っていただき、必ず定期検診にお越し下さい。
インプラントを長くお使いいただくためにメンテナンスは必要不可欠になります。当たり前のことですがインプラント自体には神経感覚がありません。
ですから感染が起こっても自覚がありません。グラグラ動いてきたり、膿が出始めて気づくのですが、こうなってからでは手遅れです。インプラントは天然歯よりも口の中の細菌による感染に弱いからです。3ヶ月、6ヶ月、を目安にメンテナンスさせていただきます。具体的にはお口の清掃状態、・噛み合わせのチェック、インプラントと周りの骨の状態を知るためにレントゲン撮影などをさせていただきます。
検診ではインプラントの状態、歯肉の状態、かみ合わせのバランスのチェックなどと専門家(歯科衛生士)による歯のお手入れを行います。

従来治療との比較