インプラント

従来治療との比較

実際に歯を失って噛むことが不自由になったときに、どのような治療の選択肢があるのでしょうか?方法としてはブリッジ、入れ歯、インプラントがあります。

ブリッジ

インプラントとは

利点は、固定式のためほとんど装着感がありません。人工歯の素材によっては保険適用内で治療できます。

欠点としては、連結した人工歯を支えるため、両隣の健康な歯を削らなくてはなりません。 健全な歯を削るということは、歯を長く健康に機能させるという点において、非常に大きなデメリットです。歯を支える歯根の数が通常より少ないので、その歯かかる咀嚼時の負担が大きくなります。また、多数の歯が欠損している場合にはブリッジができません。

入れ歯

利点は、一般的な治療方法で多くの歯科医院で治療を受けることが可能です。素材によっては保険内で治療が可能です。

欠点は、入れ歯の装着時に異物感があり、発音が損なわれたり味覚や触感が損なわれることがあります。また、咀嚼効率が悪かったり、固定式の金属のバネが口を開けたときに見えることがあります。また、歯茎で噛む力を支えるため、長年使うと顎の骨がやせてしまうことがあります。

入れ歯

インプラント

インプラント

利点は、第三の歯と言われるくらいなので、自分の歯とほとんど変わらず噛むことが出来て 異物感がほとんどありません。 一本の歯が抜けた場合からすべて歯のない人まで対応可能です。

欠点は、外科的な治療が必要であること。保険適用外で、治療費が自己負担である事でしょう。

インプラント・ブリッジ・入れ歯 比較表

インプラント症例