インプラント
愛知・名古屋のインプラント・入れ歯 HOME > 骨が少ないときのインプラント

骨が少ないときのインプラント

虫歯や歯周病で歯を失ったままにしていると、骨が吸収され薄い顎の骨になってしまいます。
インプラントは顎の骨と結合してこそ噛む力を発揮するので、顎の骨の高さや幅がないと埋め込むことができません。

このような方には、顎の骨を再生または生成して、顎の骨にできるだけ深く埋め込み、確実に支えとなるようにする必要があります。顎の骨の再生や生成には、顎の骨の状態やインプラント手術の手法によって様々な方法があります。
今までインプラントを行うための骨が不足していた人でも、骨の量を増やし、治療が可能になるケースが増加しています。

骨誘導再生療法(GBR法)

顎の骨が吸収されてしまうと、インプラントを埋め込んでも先端が露出してしまいます。
骨誘導再生療法(GBR法)は、インプラントを埋入するために必要な顎の骨を再生させる方法です。

GBR

■インプラントを埋入する前に骨の再生をする場合
インプラントの埋入ができないほど大幅に骨の吸収がある場合には、骨補填剤(骨生成剤)を使用したり、患者様自身の骨(自家骨)を採取・移植して歯槽骨や顎の骨の再生を促し、インプラントを埋め込める骨を作ります。

■インプラント手術と同時に骨の再生をする場合
骨の吸収が激しくない場合には、インプラント手術と同時に骨の再生を行います。
インプラント埋入と同時に、骨を作りたいスペースに骨の元となる材料を特殊な保護膜で覆い、再生を促します。

ソケットリフト法

上顎へのインプラントで顎の骨量が足りず、インプラント手術ができない場合に行います。
顎の上部には左右の鼻の奥に広がる大きな上顎洞という空間があります。骨の吸収があった場合、骨幅が少なくなり、拡大した上顎洞をインプラントが突き抜けてしまいます。
そのような事態を避けるために特殊な器具を使用して、上顎洞底部の骨を押し上げながら骨補填剤(骨生成剤)を注入していき、手術可能な骨幅まで再生させます。

ソケットリフト

サイナスリフト法

ソケットリフト法では骨幅の確保が難しい5mm以下の場合に行う手術です。
上顎洞底面にあるシュナイダー粘膜を骨から剥離し、そこにできたスペースに自家骨や骨補填剤(骨生成剤)を充填していき骨幅を確保します。
ソケットリフト法と比べ治療期間は長くなりますが、確実にインプラントを埋入するためには必要な治療法です。

サイナスリフト