歯科用マイクロスコープ

どんな治療に有効ですか?

顕微鏡治療は歯科用マイクロスコープを使用して治療部位を20倍までに拡大視しながらおこなう治療方法です。歯を削る虫歯治療、根管治療(歯の神経の治療)、補綴治療(被せ物の治療)歯周病治療、インプラント治療、口腔外科など、ほとんどすべての歯科治療において肉眼でおこなう従来の歯科治療よりも顕微鏡治療のほうが精度の高い治療が可能になります。

精密な形成するということ

虫歯や歯周病は、治療を受けても再発してしまう可能性がある病気です。
また、治療が不十分だと治療後の生活に支障が出ることもあるため、「本当にちゃんと治ったの?」と、治療に不安や不信感を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

こころ歯科クリニックでは、より精密な治療をお求めの方のために、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を導入した治療を行っています。

例えば上顎の奥歯にこんな虫歯ができてしまうと?歯には爪や皮膚や他の臓器と違って組織自己回復力が全くありません。いったん虫歯によって細菌感染してしまうと残念ながら放っておいてもとに戻ることはありません。

肉眼で虫歯を除去。まだ取り残しがありそうな・・

そこでマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)にて約8倍に拡大して虫歯を除去。神経の入口を発見。

マイクロスコープ

歯科治療は「手探りの外科治療」とも言われています。実際に目ではみえない細かいところを、勘と経験で手探りで治療しているのが現状です。
自とその精度には限界がありました。

根管治療は歯の中に神経が入り込んでくるごく細い管(根管)の中の治療です。
この根管は人それぞれで、湾曲していたり、複雑に枝分かれしていたりもします。
また、大臼歯などでは根管は3本、4本と複数あり、そのすべてに完全な治療を行わなくてはなりません。
この細かく複雑な根管内に神経組織や細菌が残ってしまうと、時間をかけ細菌が増殖し、骨の中に膿が溜まって歯茎が腫れたりするのです。
マイクロスコープはその根管の中を明るく照らし、直接目で視ながら治療ができるのです。
マイクロスコープの出現により根管治療はめざましい進歩を遂げたといえるでしょう。

こころ歯科クリニックではマイクロスコープを用いて、精度の高い治療を提供し、なるべく抜歯をしない治療をおこなっています。

マイクロスコープ治療別サーチ

マイクロスコープを使った様々な歯科治療が可能です。

虫歯治療

審美歯科

口腔外科

根管治療

インプラント

顕微鏡治療のメリット