歯科用マイクロスコープ

顕微鏡治療のメリット

顕微鏡治療

メリット1

肉眼では認識出来ない所を拡大し、非常に小さな部分まで観察出来るので、高い精度での診断・治療が可能となります。

メリット2

むし歯を詰めたりする際にも必要最小限の部分だけを削り取る事で歯質の保存ができ、審美的にも優れた治療になります。

メリット3

インプラント手術や歯周病(しそうのうろう)の手術などにも利用する事で、治りが早くきれい、術後の腫れや痛み、出血が少ないなどのメリットがあります。

メリット4

歯にかぶせたり詰めたりする場合も拡大する事で、精密な冠や詰め物を入れる事が出来ます。

メリット5

歯科医師側の疲労の軽減
無理な姿勢で口腔内を覗き込むような作業がなくなるため、肉体的な疲労も眼精疲労もなくなりました。すべての患者様に対して常に最適なコンディションで治療に臨むことができます。

メリット6

麻酔無しの歯科治療でも、拡大鏡によって精密な治療が可能となり、健康な歯を削りすぎることなく神経を保存することが可能です。

ほとんど歯を削らない治療が可能になります

ほとんど歯を削らない治療が可能になります

顕微鏡治療では、虫歯除去用の切削器具は、1mm以下のとても小さな器具も使います。
虫歯を除去する入口がとても小さくてすみ、ほとんど歯を削らない治療が可能になります。

むし歯を詰めたりする際にも必要最小限の部分だけを削り取る事で歯質の保存ができ、審美的にも優れた治療になります。

歯周病の再生治療が可能になります

歯周ポケットの中、根面の細かい部分まで、顕微鏡=マイクロスコープで見えるからです。
歯周病再生治療のためには、歯周病菌・菌の毒素を根面から除去し、かつ健康なセメント質は残さないといけません。
そのような操作は、顕微鏡を用いないと、とても無理なのです。

マイクロスコープ治療別サーチ

マイクロスコープを使った様々な歯科治療が可能です。

虫歯治療

審美歯科

口腔外科

根管治療

インプラント

顕微鏡治療の料金