歯科用マイクロスコープ

顕微鏡治療の料金

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使った保険適用外歯内療法

マイクロスコープを使った保険適用外歯内療法

最良治療を行う為に欠かせないラバーダム防湿法について

口腔内は細菌の培養器と同じ環境で、湿潤、栄養、酸素、無酸素など、 細菌増殖に好環境です。そのため、唾液には多数の細菌が存在しています。
本来は無菌状態である歯の神経や根の先が、唾液に触れた瞬間に細菌感染します。
歯を治療するということは体の内部(臓器や血管・神経など)の外科手術 をしていることと全く同じで、いかに無菌的な処置をするかが重要です 。

ゴムのマスク(ラバーダムシート)

ゴムのマスク

ラバーダム防湿法は、ゴムのシートに小さな穴を開けて、そこに歯の頭を出して、 金属製バネ(クランプ)や糸ようじ(フロス)などで歯に固定する方法です。
つまりラバーダム防湿法は、無菌状態である歯の神経(歯髄)を 唾液や細菌からを隔離する方法です(歯のための小さな手術室を作る方法)。

海外では歯の神経の治療を専門としている歯科医師の90%以上が使用 しています。アメリカでは、犬の歯科治療でさえ、ラバーダムシートを使用します。しかし日本では、その普及は極めて低く、5%以下とされています。

長期的な予後では ラバーダムを行った歯の神経の治療の成功率が90%以上とされているのに対しラバーダムを使用せず治療を行った場合の成功率は50%以下 と報告されています。
当院では、歯の神経治療の前準備で可能な限りラバーダム防湿法を行っています 。
当院ではラバーダム防湿は歯の神経治療を成功へと導く重要な要件と位置づけ それは何より歯の為、患者さんの為にしなければならないと 考えているからこそこだわりを持って実施を推奨しています 。

ラバーダム防湿法のメリット

・治療歯を清潔な状態に保てます
唾液や舌の影響を防ぐことにより歯を清潔で乾燥した状態に保つことができます。
また、治療費の面、必要な薬液を口腔内に垂れ流す危険が少なく安全です。

・丁寧に治療を行うことができます
感染源となる唾液を排除する以外に口腔内の軟組織(歯肉・口唇・舌・頬)の排除と保護がすぐ行  えます。ラバーダムをする事により歯科医師が左手で口腔内の口唇や頬を押さえる必要がなくなり、両手で治療が行えるのでより丁寧な治療が可能となります。

・治療を受ける患者さんも安心
ラバーダム防湿法のメリットを知っていただくことにより患者さんにも安心して治療を受けて頂け  ることができます。治療器具の誤嚥の予防にもなり安心です。

保険適用の従来式歯内療法

保険適用の従来式歯内療法

マイクロスコープ治療別サーチ

マイクロスコープを使った様々な歯科治療が可能です。

虫歯治療

審美歯科

口腔外科

根管治療

インプラント

マイクロスコープを使った歯科治療