歯科コラム

Column

歯科医が教える 歯についての豆知識

この記事を書いたのは…
畑 伸二郎
こころ歯科クリニック 院長 畑 伸二郎

徳島大学歯学部卒業後、愛知県大府市にてこころ歯科クリニックを開院。マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を歯科治療に利用し、またそれに関する講演も行っている。

 

実は歯を失う隠れた原因にも!歯ぎしりの恐怖とは

2019年05月31日
歯ぎしりというのは、特に珍しいものではありません。実際に自分がやっている、もしくは家族など身近な人がしている、というケースも多いのではないでしょうか。そんなごくありふれた歯ぎしりですが、実は歯を失う原因になってしまうことがあります。ただし、歯ぎしりをしていても、対処によっては歯を守ることができます。詳しく見ていきましょう。

歯ぎしりはほとんどの人がしている

歯ぎしりはほとんどの人がしている
歯ぎしりなんかしていない、と思っていても実際ほとんどの人は多かれ少なかれ歯ぎしりをしていると言われています。歯ぎしりの原因としては色々言われており、最も有力なのがストレス、そしてそのほかにもかみ合わせなどが原因と考えられています。

歯ぎしりが問題になるかどうかというのは程度によります。多少であればほとんど影響はありませんが、ひどい歯ぎしりになると、痛みを出したり、ひどい場合には歯を破壊してしまうことがあるので注意が必要になってきます。

歯ぎしりには音がしないタイプのものも

歯ぎしりをしていることを自分で自覚している人もいますし、身近な人に指摘される場合もあります。そのような場合には「自分は歯ぎしりをしている」と自覚できますが、中には自分も他人も気づいていない場合があります。

そんな場合の多くが「音のしない」歯ぎしりの場合です。これは具体的には噛みしめるタイプの歯ぎしりで、ギリギリと音がしないため人からも指摘されず、放置されてしまいがちです。しかもこのタイプの歯ぎしりは、歯ぎしりよりも強いダメージがかかると言われており、特に注意が必要です。

歯ぎしりをしているかどうかのセルフチェック法

自分が歯ぎしりをしているかわからない、という方はセルフチェックをしてみましょう。当てはまる数が多いほど歯ぎしりをしている可能性が高くなります。

・起きた時に顎がだるい、痛い
・歯に亀裂が入っている
・歯が平らにすり減っている
・ほっぺの内側に歯の跡が付いている
・日中気がつくと歯を食いしばっている
・エラが張っている
・歯が冷たいものでしみやすい
・歯の詰め物や被せ物、差し歯が取れやすい
・慢性の頭痛や肩こりに悩まされている

歯ぎしりはなぜ良くない?歯ぎしりがもたらす悪影響

歯ぎしりはなぜ良くない?歯ぎしりがもたらす悪影響
歯ぎしりが引き起こす悪影響には次のようなものがあります。

歯がすり減る

歯ぎしりが酷いほど、歯がどんどんすり減ります。歯がすり減ると内部の象牙質が露出し、歯がしみやすくなったり、虫歯になりやすくなってしまいます。また、かみ合わせが低くなるので、顔がたるみ、見た目が老けて見えるようになります。

歯が割れる・折れる

強い力が歯にかかり続けると、歯が割れたり酷い場合には真っ二つに折れてしまうこともあります。特に神経を抜いて差し歯になっている場合、歯が割れやすい傾向があります。歯の割れ方によっては抜歯せざるを得なくなることもあります。

歯周病が進行しやすくなる

歯周病は強い力がかかることによって進行が加速します。

知覚過敏が起こる

歯周病が進行することにより歯茎が下がり、露出した歯根から冷たいものがしみやすくなります。また、強い力がかかると歯の根元に力が集中して歯が欠けてしまい、そのせいでしみてしまうこともあります。

詰め物や被せ物、差し歯が取れやすくなる

詰め物や被せ物、差し歯が外れやすく、くっつけ直してもすぐに外れてしまう、ということを繰り返してしまうこともよくあります。

エラが張って顔が大きくなる

強い力で毎日歯ぎしりをしている場合、噛む筋肉が異常に発達してエラが張り、顔が大きく見えてしまう原因になります。

顎関節症、頭痛、肩こりなどの不調を起こす

歯ぎしりは顎の関節にも大きなダメージを与え、顎の痛みや噛む筋肉の痛み、お口が開きづらいというような顎関節症の症状を引き起こします。また、周囲筋肉にも影響が及び、頭痛や肩こりなどの原因になることもあります。

歯ぎしりの対処法

時々軽度の歯ぎしりをしている程度であれば、特に問題ないことが多いですが、もしもひどい歯ぎしりがある場合、まずは歯科医院で相談してみることをおすすめします。

ストレスを減らすことで歯ぎしりが減る可能性はありますが、実際になかなか自分では歯ぎしりを止められないことがほとんどです。そのため、歯科医院では主に歯ぎしりから歯や顎を守るマウスピースを製作し、眠っている間に装着する、という方法を行います。このマウスピースは保険で作ることができるので、ぜひ一度相談してみることをおすすめします。

その他、眠る前に「歯ぎしりをしない」と自己暗示する方法も効果的だと言われていますので、そのような方法も試してみても良いかもしれません。また、日中に歯をくいしばる癖があると夜中にもその癖が出やすいと言われています。そのため、日中に歯をなるべく合わさない(食事以外の時)ことも大切です。


ご予約・お問い合わせはこちらまで
0562-44-2111

アクセス

〒474-0038 愛知県大府市森岡町1丁目187番 TEL:0562-44-2111
  電車・新幹線でお越しの場合/JR名古屋駅より快速で12分「大府」駅西口より徒歩15分
       
  お車でお越しの場合/知多半島道路大府東海インター下車 大府市方面に3分
  飛行機でお越しの場合/セントレア中部国際空港より30分
診療時間
9:30-13:30(最終受付13:00)
15:00-18:30(最終受付18:00)

※土曜日の診療時間は9:00-14:00(最終受付13:30)です
※初診の方の受付は平日18:00、土曜日13:00までとなります
※当院は完全予約制のためお越しの際は必ずお電話下さい

^