歯科コラム

Column

歯科医が教える 歯についての豆知識

この記事を書いたのは…
畑 伸二郎
こころ歯科クリニック 院長 畑 伸二郎

徳島大学歯学部卒業後、愛知県大府市にてこころ歯科クリニックを開院。マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を歯科治療に利用し、またそれに関する講演も行っている。

 

インプラントをお考えの方に禁煙をおすすめする理由

2020年08月14日
タバコが体に良くないことは知られていますが、実はタバコはお口の健康にとっても、インプラントにとってもあまり好ましいとは言えません。インプラントに含まれる成分によりお口の健康は害されやすく、それがインプラントを支える周囲組織に対しても同様なことが言えるからです。

インプラント失敗率は喫煙者で4倍増

タバコを吸う男性
タバコを吸う方、特にヘビースモーカーの方の場合、インプラントの失敗のリスクが4倍にもなる、という報告があります。少しなら吸っていても問題ないだろう、と考える人もいますが、例えタバコを吸う量が少ないとしても、インプラントを行う上で常にリスクがつきまとうことになる、と考えたほうが良いでしょう。このような理由から、タバコを吸う方はインプラント手術を断られてしまうこともあります。

喫煙がインプラントに不利になってしまう理由

インプラントと骨の結合がしにくくなる

インプラントは骨と結合しなければ機能しませんが、インプラントが骨としっかりと結合するためには、十分な酸素と栄養が必要になります。ところが、タバコを吸うと、タバコに含まれるニコチンが血流を悪くさせ、さらにはタバコから出る一酸化炭素が血液中に酸素を運ぶ働きを邪魔します。

その結果、血液中の酸素や栄養が、インプラント周囲の骨や歯周組織に運ばれなくなってしまい、インプラントと骨との結合を妨げてしまうのです。

手術後の治りを悪くしてしまう

タバコを吸うと、ニコチンの血管収縮作用で血流が悪くなり、一酸化炭素が組織への酸素供給を妨げます。ニコチンはさらに、免疫を低下させるとともに、傷を治す細胞の働きまで抑制してしまうため、インプラント手術後に傷口がなかなか治りにくくなってしまいます。

インプラント周囲炎のリスクを高める

タバコを吸うと、唾液の分泌が低下し、お口の自浄作用、免疫作用が落ちてしまいます。その結果、お口の細菌感染が起こりやすくなり、インプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」を起こして、それがインプラントを抜け落ちさせる原因となることがあります。

つまり、たとえインプラントを埋めた後に骨とうまく結合したとしても、その後に喫煙していると、インプラント周囲炎を起こして結果的にインプラントを失うことにつながりやすいのです。

インプラントをお考えの方は禁煙をおすすめします

インプラントイメージ
現在、日本人の歯を失う原因で最も多いのが歯周病だと言われており、8割の成人が歯周病であるということが調査の結果わかっています。タバコはその歯周病の大きな危険因子として知られており、タバコを吸う人は歯周病があっという間に進んでしまいやすい傾向があります。
これはインプラントについても同様なことが言えますが、実際は天然歯の場合より進行が速いと言われています。

また、ヘビースモーカーは、非喫煙者に比べて5.4倍も歯周病にかかりやすいと言われています。インプラントの歯周病であるインプラント周囲炎の場合にもそれが同様に当てはまると言いたいところですが、実際は、それよりもハイリスクになります。

なぜかというと、インプラントが骨や歯茎などと結合している状態というのは、天然歯のそれと比べて弱いということと、その構造ゆえにどうしても細菌感染に対して弱い傾向があるからです。

つまり、タバコを吸う方はインプラント周囲炎にかかるリスク、進行するリスクが非常に高くなると言えるのです。

そのため、是非とも、インプラントを考えている方で喫煙をされている方は、この機会に禁煙を考えてみられることをおすすめします。

ご予約・お問い合わせはこちらまで
0562-44-2111

アクセス

〒474-0038 愛知県大府市森岡町1丁目187番 TEL:0562-44-2111
  電車・新幹線でお越しの場合/JR名古屋駅より快速で12分「大府」駅西口より徒歩15分
       
  お車でお越しの場合/知多半島道路大府東海インター下車 大府市方面に3分
  飛行機でお越しの場合/セントレア中部国際空港より30分
診療時間
9:30-13:30(最終受付13:00)
15:00-18:30(最終受付18:00)

※土曜日の診療時間は9:00-14:00(最終受付13:30)です
※初診の方の受付は平日18:00、土曜日13:00までとなります
※当院は完全予約制のためお越しの際は必ずお電話下さい

^