歯科コラム

Column

歯科医が教える 歯についての豆知識

この記事を書いたのは…
畑 伸二郎
こころ歯科クリニック 院長 畑 伸二郎

徳島大学歯学部卒業後、愛知県大府市にてこころ歯科クリニックを開院。マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を歯科治療に利用し、またそれに関する講演も行っている。

 

骨が少ないからインプラントができないって本当?

2019年03月7日
インプラントは歯を支える組織である歯槽骨にインプラント体を埋め込み、上から人工歯(補綴物)を被せ、失った歯の役割を補います。しかし、インプラント体を埋め込む歯槽骨の量などが少ない場合には、インプラント治療をおこなえない場合もあり、治療自体を諦めなければならない患者さんも多く見受けられました。そこで、こころ歯科ではそんな患者さんのお悩みを改善すべく、歯槽骨の量がすくなくてもインプラント治療がおこなえるように3つの治療法を取り入れ、インプラント治療に努めています。そこで今回は、歯槽骨の量がすくなくてもおこなえる、インプラント治療法をご紹介いたします。

診断

診断
インプラント治療をおこなう前には必ず十分なカウンセリングに合わせ、口腔内検査、レントゲン、CT撮影などをおこない、綿密な検査をおこないます。この時点で、歯槽骨の量や幅、高さなどが足りないと判断された場合には、通常のインプラント治療をおこなうことは難しく、以下の方法が適応されます。

歯槽骨の量が足りない場合の対処法

こころ歯科では歯槽骨の量や幅、高さなどが適応されない場合には、歯やインプラント体を支える歯槽骨を再建する治療法を、患者さんの状況に合わせて3つの方法から選択し、インプラント体を確実に埋入できるようにします。

骨誘導再生療法(GBR法)

歯を失ってから時間が経過している場合には、歯槽骨が吸収されていることも多く見受けられます。このような場合には、インプラント体を埋入してもインプラント体がしっかりと歯槽骨と結合されず、見た目もインプラント体が露出している状態です。

歯槽骨が不足している部位に、自家骨といわれる自身の骨(一般的には下顎の骨でありますが、腰骨などから採取する場合もある)や、人工の骨補填材を設置し、その上から更にメンブレンという人工膜を設置し、歯槽骨が形成されるスペースを確保し、歯肉などの軟組織の侵入を防ぎ、歯槽骨の再建を促します。

個人差はありますが、およそ4~6ヶ月で歯槽骨は再建され、インプラント体を埋入することが可能となります。

比較的歯槽骨の吸収が軽度の場合には、インプラント体埋入と同時に歯槽骨の再建をうながす骨誘導再生療法(GBR法)をおこない、患者さんの負担も軽減されます。

ソケットリフト法

上顎の歯槽骨の量が足りない場合におこなわれる、治療法です。上顎の歯槽骨の量が足りない場合にインプラント体を埋入しても、上顎の鼻の奥に広がる空間である上顎洞まで、インプラント体が突き抜けてしまう恐れがあります。そこで、専用の機器を使用し上顎洞を押し上げ人工の骨補填材を患部に注入し、インプラント体が問題なく埋入できるまで再建を促します。

サイナスリフト法

歯槽骨の幅が5mm以下の場合におこなわれる治療方法です。上顎洞の外膜であるシュナイダー粘膜を歯槽骨から剥がしてスペースを確保し、そこに自身の骨である自家骨や人工の骨補填材を充填し歯槽骨の形成を促します。治療期間は長期となりますが、歯槽骨の再建、インプラント体埋入の成功確率も高い治療法として知られています。

以前、歯槽骨が少ないといわれた場合

以前、歯槽骨が少ないといわれた場合
みなさまの中に以前、歯槽骨の量が少ないからという理由で、インプラント治療が困難だと言われた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。歯槽骨の再建を促す骨誘導再生療法(GBR法)、ソケットリフト法、サイナスリフト法は比較的新しい治療法であり、歯科医療に限らず、数十年前には困難であった治療も一般的に普及し、治療がおこなわれるようになることは少なくありません。

以前、歯槽骨の量が少なくインプラント治療をおこなうことが困難と診断されたこともある方も、インプラント治療をご希望の場合には、今一度カウンセリングを受けてみることもご検討してみてください。

歯槽骨の量が足りていても治療できない場合

歯槽骨の量が足りている場合でも以下の場合は、インプラント治療をおこなうことが困難な場合もあります。

・心筋梗塞
・高血圧
・糖尿病
・血小板減少症
・肝臓疾患
・腎臓疾患
・免疫疾患
・放射線治療中
・チタンアレルギー(インプラント体の主な材料がチタン)
・骨粗しょう症
・子ども

上記以外の疾患をお持ちの方も、インプラント治療をおこなう前には必ず、各疾患の主治医の先生に、インプラント治療をおこなっても問題ないか確認しましょう。

今回は、歯槽骨の量が少ないとインプラント治療はおこなえないのか、歯槽骨の量が少ない場合の治療法などをご紹介してまいりました。インプラント治療は外科手術を伴う治療のために、いま一歩踏み出せない患者さんもいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、正しい知識を身に付け、治療に繋げることが大切であり、こころ歯科では、患者さんがご納得いくまでカウンセリングをおこない治療をおこないます。インプラント治療をお考えの際には、お気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちらまで
0562-44-2111

アクセス

〒474-0038 愛知県大府市森岡町1丁目187番 TEL:0562-44-2111
  電車・新幹線でお越しの場合/JR名古屋駅より快速で12分「大府」駅西口より徒歩15分
       
  お車でお越しの場合/知多半島道路大府東海インター下車 大府市方面に3分
  飛行機でお越しの場合/セントレア中部国際空港より30分
診療時間
9:30-13:30(最終受付13:00)
15:00-18:30(最終受付18:00)

※土曜日の診療時間は9:00-14:00(最終受付13:30)です
※初診の方の受付は平日18:00、土曜日13:00までとなります
※当院は完全予約制のためお越しの際は必ずお電話下さい

^