歯科コラム

Column

歯科医が教える 歯についての豆知識

この記事を書いたのは…
畑 伸二郎
こころ歯科クリニック 院長 畑 伸二郎

徳島大学歯学部卒業後、愛知県大府市にてこころ歯科クリニックを開院。マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を歯科治療に利用し、またそれに関する講演も行っている。

 

歯周病とアルツハイマー型認知症との関係

2019年10月6日
歯周病が体の様々な病気と関係していることが次々と明らかになってきています。そんな歯周病ですが、アルツハイマー型認知症との関連性も指摘されています。

アルツハイマー型認知症とは?

アルツハイマー型認知症とは?
認知症というのは、物事を認識したり、記憶したり、判断したりというような機能に障害を受けて、社会生活において支障をきたしてしまう状態のことを言います。

認知症にはいくつかタイプがありますが、アルツハイマー型認知症はその中の一つのタイプで、認知症の中の6〜7割がこのアルツハイマー型認知症だとされています。
現在、高齢化社会に伴い、アルツハイマー型認知症患者は増加していると言われています。

アルツハイマー型認知症の症状

アルツハイマー型認知症というと、「記憶がだんだんとなくなる」というイメージを持つ人が多いですが、具体的には次のような症状が出てきます。

・少し前に起こった記憶がなくなる
・時間や場所がわからなくなる    
・人の顔や物の区別ができなくなる
・言語障害が起きてくる
・家事や仕事がだんだんとできなくなってくる
・日常生活(食事、風呂、着替えなど)がまともにできなくなってくる

一般的に、病状が進むにつれて症状は悪化し、最終的には寝たきりになって10年くらいで死に至るという経過をたどることが多いようです。

歯周病とアルツハイマー型認知症の関係

歯周病とアルツハイマー型認知症の関係
アルツハイマー型認知症にかかると、脳に様々な異変が起きてきます。これらの異変は、脳の内部にβ(ベータ)アミロイドと呼ばれるタンパク質が蓄積することが一因だとされています。そして、このβアミロイドは歯周病になると増えてくることがわかっています。

歯周病にかかると、歯周病細菌が産生する毒素が血管に入り、全身を巡ります。その毒素は脳内にも到達し、そこで炎症性物質がたくさん作り出されます。そしてこの炎症性物質がβアミロイドを増やし、脳にダメージを与えてしまうと考えられているのです。

実際に、βアミロイドが蓄積し始めてから認知症を発症するまでは25年くらいかかると言われています。認知症は70歳前後で発症する人が多いと言われていますから、だいたい45歳頃から認知症の予防を始める必要があるということになります。

歯周病に関しては、30歳前後くらいから発症する場合が多いので、認知症のリスクを減らすためには、出来るだけ若いうちから歯周病対策をしていくことが大切になってきます。

歯を失うことでも認知症にかかりやすくなる

歯を失うと、よく噛めなくなります。噛めなくなると、脳に刺激が伝わりにくくなるため、認知症が進行しやすくなると言われています。

歯周病は歯を失う原因の第一位の病気です。それゆえ、歯周病対策をしっかりと行い、歯周病予防をしていくことで、歯をできるだけ残すことができようになるため、認知症にかかるリスクを大きく下げることができると言えるでしょう。

でも、すでに歯が抜けている場合や、現在歯周病であったとしても、しっかりと歯周病治療を行いつつ、抜けている部分に入れ歯やインプラント、ブリッジで歯を補うことで、認知症を予防することは可能です。

大切なのは、悪い部分を放置しないことです。歯はしっかりと治療をし、メインテナンスを続けていくことで良い状態を保ち続けることは可能です。ぜひあきらめずにお手入れしていきましょう。

ご予約・お問い合わせはこちらまで
0562-44-2111

アクセス

〒474-0038 愛知県大府市森岡町1丁目187番 TEL:0562-44-2111
  電車・新幹線でお越しの場合/JR名古屋駅より快速で12分「大府」駅西口より徒歩15分
       
  お車でお越しの場合/知多半島道路大府東海インター下車 大府市方面に3分
  飛行機でお越しの場合/セントレア中部国際空港より30分
診療時間
9:30-13:30(最終受付13:00)
15:00-18:30(最終受付18:00)

※土曜日の診療時間は9:00-14:00(最終受付13:30)です
※初診の方の受付は平日18:00、土曜日13:00までとなります
※当院は完全予約制のためお越しの際は必ずお電話下さい

^