歯科コラム

Column

歯科医が教える 歯についての豆知識

この記事を書いたのは…
畑 伸二郎
こころ歯科クリニック 院長 畑 伸二郎

徳島大学歯学部卒業後、愛知県大府市にてこころ歯科クリニックを開院。マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を歯科治療に利用し、またそれに関する講演も行っている。

 

妊娠中のママが歯科治療、お腹の赤ちゃんへの影響は?

2018年12月4日
妊娠中の妊婦さんは、赤ちゃんをお腹の中で育てるなかで、赤ちゃんの成長の喜びと並行し、さまざまな心配ごとも抱えているのではないでしょうか。そのなかでも妊娠中におこなう医療行為は、直接お腹の中の赤ちゃんに影響を及ぼしかねない医療行為も存在し、正しい知識が必要となります。そこで今回は、妊娠中におこなえる歯科治療、お腹の中の赤ちゃんへの影響などについてご紹介していきます。

妊娠中は歯科治療をしても大丈夫?

妊娠中は歯科治療をしても大丈夫?
妊娠中に歯科歯診療、治療を受けられるのか、不安に感じる妊婦さんいらっしゃるのではないでしょうか。妊娠中の歯科検診を推奨しているため、母子手帳には歯科検診のページがもうけられ、数多くの妊婦さんが妊娠中に歯科医院を訪れ検診を受けています。しかし妊娠中の妊婦さんの身体にはさまざま変化が現れ、体調にも変化をきたし、妊娠中のどのタイミングで検診や治療を受けけることが、妊婦さんやお腹の中の赤ちゃんにとって最適なのでしょうか。

検診の時期

妊娠が判明し、母子手帳を交付された時期から、悪阻や体調などを考慮して、検診を受けましょう。予約時や受診時には必ず妊娠していることを受付の人や、歯科医師、歯科衛生士等に伝えましょう。

治療の時期

妊娠初期には、妊婦さんの体調やお腹の中の赤ちゃんの状態が不安定であり、歯科検診や治療を受ける前に、かかりつけ産婦人科医に相談し、歯科医院と共に歯科治療の時期を決めましょう。一般的に歯科治療に最適と言われる時期は妊娠16週と言われている安定期です。妊娠28週目からの妊娠後期からは、お腹が大きくせり出すために、仰向けの状態で同じ姿勢でいることや、診療ユニットから転落などのリスクも高めるため、十分注意しましょう。

妊娠時の歯科治療で気をつけること

歯科治療では、妊娠中に避けるべき治療や投薬も存在します。

麻酔

歯科治療では主に局所麻酔薬を使用します。近年では主にリドカイン局所麻酔薬が使用され、投与したことが原因でお腹の中の赤ちゃんになんらかの影響がでる可能性は極めて低くいですが、麻酔薬は胎盤を通りお腹の中の赤ちゃんにも微量ながら移行していると考えられていますが、一般的に歯科治療で使用する麻酔薬の量ならば問題ないとされています。

しかし、赤ちゃんの器官が形成する時期である妊娠12週までは、なるべく薬剤などは使用しない方が賢明と考えます。しかし、虫歯などで緊急に処置が必要な場合は局所麻酔薬を使用して治療を受けましょう。

レントゲン

歯科治療でレントゲン撮影をおこなう際の放射線量はごくわずかであり、直接赤ちゃんがいるお腹を撮影するわけではないため、過度な心配はありません。また、放射線を通さない鉛が入った防護エプロンを着用し撮影をおこなうことで、より安心してレントゲン撮影をおこなうことが可能です。

投薬

局所麻酔薬と同様、お腹の中の赤ちゃんの器官が形成される妊娠12週まではなるべく服薬・投薬することは避けるべきでしょう。歯科治療で主に処方される薬は抗菌薬である抗生物質や鎮痛剤です。お腹の中の赤ちゃんにも影響が少ないとされている、ペニシリン系、セファム系、βラクタム系の薬を処方してもらいましょう。

姿勢

安定期(妊娠16週以降)に入るにつれて、お腹の中の赤ちゃんも大きく成長し、それにともない妊婦さんのお腹も大きくなり、妊娠後期である妊娠28週以降にはお腹が更にせり出します。前述でもお伝えしたように、お腹が大きくなるにつれて、身体のバランスを保つことが難しくなります。診療ユニットで同じ体制をとることが困難になる場合や、診療ユニットから転落してしまうリスクも高まるため、注意が必要です。

妊娠中に普段気を付けること

妊娠中に普段気を付けること
妊娠中は、歯周病や虫歯になる可能性が高くなり、日頃から口腔ケアが必要となります。妊娠中は、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌か通常時よりはるかに多く分泌され、唾液や歯周ポケットからも分泌されます。そのエストロゲンが歯肉炎を引き起こし、歯周病へと発展してしまうリスクが高まります。

また妊娠期は唾液の分泌量自体は軽減してしまうので、口の中の流動性が低下し、口の中が酸性になることで、虫歯の原因菌である、ミュータンス菌などもが増殖しやすく、虫歯になる可能性も高まります。妊娠初期(妊娠0週から12週)には、悪阻の影響から歯磨きをすることが困難になり、更に虫歯や歯周病の可能性も高まるために、日頃の口腔ケアが必要になります。

妊娠と歯周病

妊婦さんが歯周病に罹患している場合、低体重児を産むリスクが高くなります。生まれた時の赤ちゃんの体重が2,500グラム以下の場合は低体重児となり、妊娠22~36週の間に早産で生まれた赤ちゃんに多くみられます。歯周病菌が歯肉から血中に進入し、子宮収縮を促してしまい早産や低体重として生まれるリスクが7倍にも膨れ上があるのです。

妊婦さんが歯周病に罹患してしまう、または既に罹患してしまっている場合は、歯周病が進行しやすく、歯周病予防や適切な治療が必要となり、それにともない日々のセルフケアもしっかりとおこないましょう。

以上、妊娠中の歯科検診、歯科治療、お腹の中の赤ちゃんへの影響についてご紹介しました。妊娠中の歯科検診、歯科治療、日々のセルフケアはどれをとっても重要であり、しっかりとおこないましょう。



ご予約・お問い合わせはこちらまで
0562-44-2111

アクセス

〒474-0038 愛知県大府市森岡町1丁目187番 TEL:0562-44-2111
  電車・新幹線でお越しの場合/JR名古屋駅より快速で12分「大府」駅西口より徒歩15分
  お車でお越しの場合/知多半島道路大府インター下車 大府市方面に3分
  飛行機でお越しの場合/セントレア中部国際空港より30分
診療時間
9:30-13:30(最終受付13:00)
15:00-18:30(最終受付18:00)

※土曜日の診療時間は9:00-14:00(最終受付13:30)です
※初診の方の受付は平日18:00、土曜日13:00までとなります
※当院は完全予約制のためお越しの際は必ずお電話下さい

^