歯科コラム

Column

歯科医が教える 歯についての豆知識

この記事を書いたのは…
畑 伸二郎
こころ歯科クリニック 院長 畑 伸二郎

徳島大学歯学部卒業後、愛知県大府市にてこころ歯科クリニックを開院。マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を歯科治療に利用し、またそれに関する講演も行っている。

 

予防歯科はなぜ必要なのか?虫歯菌と歯周病菌との戦い

2018年12月18日
みなさん、予防歯科をご存知でしょうか。近年ではTVやCM、雑誌などでもよく耳にしたり、目にしたりする機会も多くなってきましたが、実際には予防歯科がどんな目的で、どのような診療、治療をおこなっているのか、わからないとの声も見受けられます。そこで今回は、予防歯科についてご紹介していきたいと思います。

予防歯科はなぜ必要なのか?

予防歯科はなぜ必要なのか?
予防歯科とは文字通り、虫歯や歯周病を“予防”することを目的におこなわれる診療です。昨今の日本では、「歯が痛くなったら歯医者へ行く」という考えが、まだまだ根強くありますが、欧米などではすでに国民の8割から9割ほどの人が定期的に検診をするために歯科医院を訪れると言われています。

また、予防歯科の重要性は国からも認められ、なんと20歳まで無料で歯科検診を受けることができる国も存在しており、欧米各国に遅れるように日本でも、予防歯科の重要性が叫ばれるようになってきましたが、1年に1回程度の頻度で定期的に検診に訪れる人の割合は5割であり、まだまだ国民の半数の人は、予防歯科への取組みがなされていないことになり、課題となっています。

2014年日本歯科医師会の調査報告によると、歯科医院への受診のきっかけは、痛み、腫れ、出血などの症状があり受診した人は36.7%、過去に治療した箇所に不具合が生じた場合は27.4%であり、およそ5割の人々が、症状が現れてから歯科医院を受診することが数字にも明澄に現れています。

また、お口の中になんらかの症状が現れている人の中で、実際に歯科医院での治療を受けている人は2割にも満たず、お口の中でなんらかの症状があるにも関わらず、治療を受けずに放置してしまう人も多く見受けられます。痛みがでてから歯科医院を受診、またはなんらかの症状がでているにも関わらずに放置していては、虫歯や歯周病になりかねず、歯を失い生涯に渡り自身の歯で食事をとることができなくなる可能性もあります。

“痛みがでてから歯科医院を受診する人”だけでなく、“なんらかの症状がでているにも関わらず歯科医院を受診しない人”が一人でも多く予防歯科に関心を持ち、取り組むことで、生涯に渡り自身の歯で美味しく食事を楽しみ、全身の健康へと繋げられるようになります。

虫歯菌とは?

虫歯とは、歯垢(プラーク)の中に潜む虫歯菌によって、歯が溶かされ虫歯になります。歯の表面にペリクルと呼ばれる薄い膜が形成され、そのペリクルに歯垢(プラーク)が付着し、食品に含まれる糖を栄養にして酸を生産し、その酸によって歯が溶かされ虫歯となります。

歯周病とは?

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中に潜む歯周病菌によって歯肉に炎症を起こし、歯肉をはじめとする歯根膜、セメント質、歯槽骨を破壊し、やがて歯を支えることができなくなり、歯が抜け落ちてしまう恐れがあります。

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)で予防歯科

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)で予防歯科
マイクロスコープとは、手術用の顕微鏡であり、解像度の優れたCCDカメラで撮影した映像をモニターに映し出し、2倍から24倍に拡大された視野のもとミクロ単位で治療をおこなうことが可能となります。

脳外科や眼科では当たり前のように使用されているマイクロスコープではありますが、歯科での普及は、わずか3%とであり、まだまだ歯科治療に置いて、マイクロスコープを使用することは知られていません。

虫歯や歯周病を誘発する最大の原因である歯垢(プラーク)は、唾液のミネラル成分に結合し、石灰化し硬くなり歯石となります。歯石自体は無機化するために直接、歯や歯肉に影響はありませんが、歯石の表面はデコボコしているために、歯垢(プラーク)が付着しやすく、更に歯垢が付着し続け、また歯石になり虫歯と歯周病に進行しかねません。

そのまま放置してしまうと、虫歯や歯周病になりかねないため、歯垢(プラーク)や歯石を除去する必要があります。歯と歯肉の間の溝である歯周ポケットに潜むことを好む歯垢(プラーク)や歯石を除去するには目視できず、以前までは、手の感覚で歯周ポケットに住み着く歯石を除去していきます。

そこで、マイクロスコープを使用して、肉眼では見ることのできない細かな小さな歯石なども、取り残すことなく除去をおこないます。前述でもお伝えしたように、歯石は歯垢(プラーク)が付着しやすく、せっかく歯石を除去しても、歯周ポケットなどに歯石が残っていては、意味がありません。マイクロスコープは万能な精密機械ではないので、完璧に歯石を除去することはできません。しかし、取り残しを限りなくゼロに近づけることで、虫歯リスクを軽減させ、歯周病を改善させます。

以上、予防歯科はなぜ必要なのか。虫歯や歯周病との関係性などについてご紹介してまいりました。予防歯科はまだまだ認知度が低く、日本では虫歯を予防するために歯科医院に通う概念が備わっておりませんが、徐々に“痛みがでてから歯科医院を受診する”のではなく、近い将来“虫歯や歯周病を予防するために歯科医院を受診する”ことが当たり前になることを目標にし、一人でも多くの人が長い生涯に渡り、自分の歯で食事を食べられるように、サポートしてまいります。


ご予約・お問い合わせはこちらまで
0562-44-2111

アクセス

〒474-0038 愛知県大府市森岡町1丁目187番 TEL:0562-44-2111
  電車・新幹線でお越しの場合/JR名古屋駅より快速で12分「大府」駅西口より徒歩15分
       
  お車でお越しの場合/知多半島道路大府東海インター下車 大府市方面に3分
  飛行機でお越しの場合/セントレア中部国際空港より30分
診療時間
9:30-13:30(最終受付13:00)
15:00-18:30(最終受付18:00)

※土曜日の診療時間は9:00-14:00(最終受付13:30)です
※初診の方の受付は平日18:00、土曜日13:00までとなります
※当院は完全予約制のためお越しの際は必ずお電話下さい

^