マイクロスコープでできる治療

虫歯治療

虫歯治療の本当の話

精密無痛義歯

「マイクロスコープ」による、精密な虫歯治療
マイクロスコープを治療に用いることで、的確な診断に基づく正確な治療ができるようになりました。これにより再治療をできるだけ減らし、生涯における通院回数を飛躍的に減らすことができます。

マイクロスコープは、歯を拡大して確認することができる大きな顕微鏡です。

この顕微鏡を使用することで、肉眼では見ることのできない歯の細かい凹凸などの診断能力が大幅に向上。より精密な治療を行うことができました。

今までの肉眼での治療では、どうしても削る必要のない箇所で削ることもありました。

しかし、マイクロスコープを使った治療では、ひどく虫歯に侵された箇所のみを正確に削りとることができます。また、歯にかぶせたり詰めたりする治療の場合も、拡大できることで、精密に冠や詰め物を入れられるようになりました。

マイクロスコープを使えば、治療工程の無駄が少ないため、高い効果が期待できるようになりました。難しい症例ほど、時間短縮につながります。この機械なしでは、治せない症例も少なくありません。

また虫歯のあるところには、ほとんどの場合、歯にひび割れがあります。
そのひび割れを拡大視野で丁寧に処理をしないで、また再発してしまったり痛みがとれません。
このひび割れは肉眼治療では発見することができません。

マイクロスコープの特徴

・綿密な処理ができる
・削りすぎがなくなる
・効率のよい治療ができる→治療時間・通院期間の短縮につながる

◆導入実績がまだまだ少ない
実は、日本におけるマイクロスコープの導入は、まだまだ進んでおりません。日本全国の歯科医院でたった3%といわれています。まず機器が高額なこと、そして使いこなすためのトレーニングが必要であることなどがネックとなっているからです。

◆脳外科などでも使われている
マイクロスロープは眼科、心臓外科、脳外科などでも使われております。また、アメリカの根管治療(歯の根の治療)では、マイクロスコープを使うことが義務づけられています。

虫歯について ~虫歯の進行プロセス~

口腔内には、常在菌が少ない人でも120種、多い人では350種以上も存在していると言われております。

虫歯の進行プロセス

歯の表面には歯垢等の汚れがついており、虫歯の原因となるミュータンス菌(虫歯菌)がたくさんいます。ミュータンス菌は、私達の食生活内にある砂糖(糖質)を利用し、酸をつくって歯を溶かします。これを「脱灰」といいます。脱灰が進むと歯が溶けて穴があいてしまいます。歯垢を除去せずにそのままに放置したり、砂糖(糖質)を多く摂取する習慣があると、脱灰が進行して、再生が不可能となったものが虫歯となるのです。

また、ミュータンス菌を歯面に付着したまま放置しておくと、ミュータンス菌は砂糖(糖質)を分解して、水に溶けないネバネバを作り出し、ミュータンス菌以外の口腔内常在菌を歯の表面にくっつけ、細菌の塊である歯垢を形作ります。そのままの状態でい続けると、バイオフィルムを形成し、酸素や細菌を壊す酵素・薬液を通さなくなります。この状態になると薬で取り除くことはできません。歯ブラシ、歯間ブラシ、フロス、などで機械的に掃除するしかありません。

バイオフィルムとは

ミュータンス連鎖球菌

バイオフィルムとは口腔内の歯周病菌、その他の雑菌によって構成される細菌の膜のことをいいます。分かりやすくイメージすると、キッチンの流しやお風呂場の浴槽などに付着する"ヌルヌル"です。それはミュータンス菌や口腔内常在菌が、粘性のフィルム状の膜をつくって繁殖しやすい環境に成長したものです。

バイオフィルムは歯面や歯と歯肉の間の歯周ポケットに付着するだけでなく、舌の表面(口臭の原因となる舌苔)や入れ歯にも強固に付着しています。特にバイオフィルムが付着するのは、ブラッシングでもきちんと磨けていない部分で、組織の炎症や破壊を引き起こし虫歯・歯周病の原因となります。このような虫歯の増殖を抑えるのはやはり、日ごろの正しいブラッシングが必要不可欠であり、定期的なケアが重要となります。