Custom-made-denture

オーダーメイドの入れ歯

オーダーメイドの入れ歯の
ポイント

  • 1入れ歯が落ちない
  • 2噛み心地が良い
  • 3思いきり笑える
  • 4違和感がない

入れ歯専門の技工士と直接その場で相談しながら、落ち着いたプライベートルームで今までのつらかった思いや要望を思いのまま打ち明けてください。
その思いに応えられるよう心のこもった入れ歯を作ります。

このような不快感を
解消します

  • 入れ歯だから硬いものを咬むことをあきらめてしまった
  • 入れ歯になってから思いっきり笑えなくなってしまった
  • 落ちてこないか心配で人にあうのが億劫
  • 何度つくってもあわなくて困る
  • インプラントは怖くてできない
  • インプラントは高額すぎてとんでもない
  • 入れ歯の専門家につくってもらいたい
  • 入れ歯の安定剤を使いたくない
  • オーダーメイド義歯とは

    オーダーメイドのスーツや靴が体にすぐなじんで、なおかつ長持ちするのはその過程において細かく寸法を測り、体の動きを計算し、良い生地を厳選し、長年の経験と最新の技術で心をこめて製作された結果です。
    オーダーメイド義歯とは、十分な時間と手間をかけ、歯があった頃の思い出とともにもう一度しっかりと咬めるようにそして自然な笑顔になるために誰にも見られないプライベートな空間で歯科医師と義歯専門歯科技工士立ち会いのもと納得と満足が得られるまでとことん作り込む丁寧な義歯です。また一度作った義歯は長くずっと使っていただけるものですが、例えば病気を患い体重が急激に落ちてしまい、今まで使えていた義歯が合わなくなってしまう場合があります。ただその場合でもオーダーメイド義歯の場合、義歯の内面だけを新しく張り替えることができるので、また1から高額な費用を出して作り替える必要はありません。

  • こころ歯科クリニックの
    オーダーメイド義歯

    入れ歯安定剤の売上げは年々増大しているそうです。これはつまり歯科医院で作った入れ歯に多くの方が満足していないという何よりの証拠です。
    何故でしょうか?
    私はインプラント(人工歯根)専門医院で3年間勤務しました。インプラントで咬むことに困っているすべての患者さんが救えると思い勉強しました。インプラントは確かに自分の歯とほぼ同じ力で咬むことができ、違和感も少なく、非常に良い方法だと思います。否定するつもりは少しもありません。しかしインプラントだけでは患者さんの苦しみは決して救えないことを経験しました。手術による肉体的な負担は勿論、費用的、精神的な負担はかなり大きなものとなります。日本を離れ異国の街を歩くとかえって自分が生まれ育った国のことが見えてくるように、インプラントを勉強したら入れ歯の重要さやその難しさがあらためて浮き彫りにされました。

    15年以上前のことですが、日々の診療の中で入れ歯が外れてしまうような顎の骨がやせてしまった患者さんに対して『入れ歯だからしょうがないよ』と患者さんに言い訳している自分が恥ずかしくてたまりませんでした。そんなある日、入れ歯専門技工所デンタルリンク代表の佐藤一郎氏から『BPS患者導入セミナー』に一緒に行かないかというお誘いを受けました。佐藤氏はBPS国際認定技工士であり、今まで数多くの入れ歯を手掛けてきた入れ歯のスペシャリストです。二人で大阪まで二日間のセミナーを受けに行きました。実際に入れ歯で困っている患者さんに来てもらい目の前で型取りからかみ合わせ、人工歯の配列、研磨、装着までを行う講義なのですが最初は疑心暗鬼でした。入れ歯で食事しづらいのはしょうがないこと、入れ歯とはそういうものだ、と思っていた私の目の前で硬い棒を咬んだり、せんべいを食べたり、大きな口を開けたりしても入れ歯が落ちてこないのです。

    その患者さんである小さな老紳士の顔がみるみる緩んで、「いいな、これ」と静かに言いました。『これだ!』と思いました。このやり方ならもう二度と患者さんに言い訳しなくてすむかもと。

    ではいったい何が今までの入れ歯と違うのでしょうか?
    入れ歯とはつまり義歯です。義足、義手、義眼と同類語です。残念ながらご自身の体ではないのは紛れもない事実です。
    それなのに今までの入れ歯の作り方は、まず顎の大体の型を既成のトレーで取り、咬み合わせの高さを大体で記録して、大体で装着して、大体で調整して後は『慣れてください』で終わりです。これでは痛いし、動くし、しゃべりにくいのはあたりまえです。
    想像してみてください。もし義足を大体のトレーで型をとり、大体の長さであわせて『あとは慣れるまで少し痛いのは我慢して歩いてね』なんていわれたらひどい話どころではないはずです。ところが歯科医院ではこれと同じことが今でも平然と行われています。
    オーダーメイドスーツや靴が体にすぐなじんでなおかつ長持ちするのはその過程において細かく寸法を測り、体の動きを計算し、良い生地を厳選し、長年の経験と最新の技術で、心をこめて製作された結果です。
    もし入れ歯でお困りなら、あるいはご家族の方、お知り合いの方で困っている方がお見えになるのなら、ぜひ一度こころ歯科クリニックにご相談ください。

個室での
カウンセリング

個室により、一人一人の患者さんのプライバシーとお時間を大切にし、ゆっくりとリラックスしながら治療して頂けます。精密なお口の検査のもと、密なカウンセリングを行い、入れ歯でお困りの事、今のお口の状態、治療にかかる費用、期間など、入れ歯製作に必要な全ての事をしっかりと説明させて頂きます。

こころ歯科クリニックでは、いきなり治療台に寝かせて何の説明もなく、すぐに注射器を持って「チクッ」と麻酔をして、ドリルで「キィ~ン」とあの高音で歯を「ガリガリ」削るような事は絶対にいたしません。まずはカウンセリングルームであなたのお話を聴かせて頂き、今思っていらっしゃること、お口の中のお悩みを全部お話ください。

  • なぜカウンセリングを
    重視するのか?

    例えば家を建てるとき、洋服を選ぶとき、髪を切るときと同じように、十分な打ち合わせをしてどういうものになるかイメージができたとき初めて納得します。
    どれだけ理想に近づけるか、どれだけの費用と時間がかかり、本当にそこにそれだけの価値があるのか、後悔はしないのか、信用していいのか、を冷静に判断するためには、時間をかけた打ち合わせ(つまりカウンセリング)が重要です。

  • 個室カウンセリング・
    個室診療室である理由

    入れ歯を人前で外したり、付けたりすることはありません。それは一人ひとりにとって、大事な問題であり、悩みを抱えているものであり、プライバシーが重要視されるものだからです。個人にとっては、友人やまたは家族にさえも知られたくなかったり、つらい思いをされている場合もあります。そのため患者さんが安心して悩みを打ち明けられように、こころ歯科クリニックでは個室でのカウンセリング、個室での診療を重要だと考えています。
    お話を十分にお聞きし、満足いただける入れ歯をつくることができるように、あなたのお悩みやご要望をお聞かせ下さい。

  • 入れ歯の悩み

    「痛い、噛めない、はずれる・・・」など、「入れ歯である以上、この苦しみは我慢するしかない」このように思っていませんか?まだ諦めないでください。「あごの動き」に「かみ合わせ」が調和し、「ぴったり」とお口にフィットする入れ歯であれば入れ歯の悩みは解消されるはずです。
    入れ歯が合わない最たる理由は、保険の制度上、入れ歯に使える「材料」や、かけられる「手間」に、制限があるということです。健康保険を用いた診療では、“国民が生活するのに困らない最低限の治療“しか認められておらず、歯科医師・患者さん共に満足のいく入れ歯を提供することは難しいのが現状です。例えば、患者さんの顎の大きさはそれぞれ異なりますので、正確な歯型をとるには、その方オリジナルのトレーが必要になります。しかし、保険治療では歯型をとるトレーは既成のものしか使えませんので、なんとかとれる範囲でとるしかありません。そうなると、隙間が大きかったり、完成後に歪んでしまうこともあります。この保険のルールが、ピッタリと合う入れ歯に非常に大切な”材質・設計・制作工程・調整”という作業に手間をかけることを難しくしているのです。
    一方、保険外診療で入れ歯を作る場合はこのような制約がありません。治療費はすべて患者さんの自己負担になってしまいますが、患者さんが納得していただけるまで、手間と時間を惜しみなくかけることができるのです。この保険外の治療が、こころ歯科クリニックの追求するオーダーメイドの入れ歯治療です。

本当に噛めるようになる?

  • 噛むことは大切です

    歯が20本以上ある80歳以上の方で、認知症や寝たきりや介護の必要な方は極端に少なく、残っている歯の本数と認知症との相関関係は明らかになっています。
    また歯があってもうまく噛みあっていなければ同様のことです。
    噛むことによって唾液がでて、食物をすりつぶすことにより内臓への負担を減らし、正しい噛み合わせを保つことで全身の姿勢やバランスを整えることができます。
    つまりしっかりと噛めることは記憶力や思考力の低下を防ぎ、より自然で若々しくいられるための必須条件なのです。

  • 本当に噛めるようになるの?

    医療は決してマジックではありません。
    一つひとつのステップをこつこつとこなしていくこと、今できることの中から最善と思われる方法を確実に行うことが何よりも大切だと思っています。

こころ歯科クリニックの
入れ歯治療に対する
こだわり

  • Point1 一人ひとりに合わせたオーダーメイドの入れ歯治療

    人の口の中は千差万別で、ひとつの治療方法だけに頼るのではなく、一人ひとりのお口の状態に合わせ、様々な治療方法や技術を組み合わせ、統合して入れ歯作りをする必要があります。
    患者さんのお口の中は、あごの骨の減り具合、噛み癖、あごの粘膜の硬さ、上と下のあごの位置関係、あごの関節の動き方、舌の動き方など、複雑な状況が絡み合っています。それらの問題点を解決できなければ、見た目が良くても噛めない、痛い、落ちやすい、発音しにくい入れ歯になってしまいます。
    患者さんのお口の中の状態を詳しく調べ、様々な治療法の中から適したものを組み合わせ、その患者さん個人に合った入れ歯をお作りするのが、こころ歯科クリニックの入れ歯治療です。

  • Point2 「噛み合わせ」を重視します

    「入れ歯が合わない!!」
    それは「噛み合わせ」が原因かもしれません。入れ歯がピッタリしていても、噛み合わせが悪いと、入れ歯は動きます。その結果、痛みが出たり、外れたりします。
    当院では、入れ歯を作る前に必ず噛み合わせ診断を行います。その上で、個人の嚙み合わせにあった入れ歯をお作りしています。
    また治療用義歯(リハビリ用義歯)を使って、長い間についてしまった咬み癖や、顎のズレを解消してから最終的な入れ歯をつくります。このプロビデンチャーを根気よく削ったり、調整して、お口の中の状態を整えることが、入れ歯がうまくいくための最大のポイントです。

  • Point3 「入れ歯専門」の技工士と直接相談

    入れ歯(義歯)の製作は歯科医院で行い、その場で歯科医師は患者さんの要望をお聞きし、型取りや噛み合わせを調べたりして製作していくのですが、あなたは技工士さんとお会いした事があるでしょうか?
    医院で型取りしたものなどを基に実際に入れ歯(義歯)を製作するのは技工士さんです。
    当然、技工士さんも患者さんの口元や顎の大きさ等を実際に見せていただきながら、それに基づいて製作していく事が一番理想的です。ところが、保険診療の場合は時間と費用の制約から、実際に時間を掛けて技工士さんと一緒に診させて頂き、患者さんとじっくり話し合いながら入れ歯(義歯)づくりを進めていく事は不可能です。したがって、技工士さんは、見たことが全くない患者さんの入れ歯(義歯)を「想像で」「何となく」「感覚で」作っている場合がほとんどです。これではまず理想的な入れ歯(義歯)は作れません。
    こころ歯科クリニックでは、じっくりと時間をかけ(場合によっては1~2時間以上)、患者さんの要望をじっくりお聞きし、歯科医師、そして技工士さん立会いのもと、何度も検討を重ねていきながら入れ歯(義歯)の製作を進めております。
    技工士=マイスター(職人)です。

  • Point4 個室でじっくりご相談をお受けします

    入れ歯に関するお悩みやご要望、全身の健康状態や服薬中のお薬について等お聞きします。
    医師が口腔内を診察し、患者さんそれぞれのお口に合う入れ歯、ご要望に合う入れ歯の設計を検討します。
    「入れ歯をはずしてください」「入れ歯をはずして洗いますね」と何気なく使ってしまう言葉。
    これは例えば、美容院で「カツラをはずしてちょっと調整しますね」「カツラの具合はいかがですか」というのと同じことだと思っています。
    誰にも見られたくない、知られたくない、そんな方のために、個室でのご相談・治療を行っております。

入れ歯の種類と費用

  • 費用は随分と高いのでは?

    高いか安いかは何と比較するかによると思います。
    確かに従来の保険適用の義歯に比べれば高いです。
    ただしもしその義歯が痛くなく違和感もなく、言葉が適切かどうかわかりませんが「最後の入れ歯」となるようであれば、その価値に納得していただけると思っています。

    オーダーメイド義歯

    片顎 ¥825,000(税込) 
    上下顎で¥1,650,000(税込)

    特徴

    • お口の中で居心地が良い
    • 話がしやすい
    • 人から入れ歯とはわからない
    • ほとんど調整が必要ない
    • 変色しにくい
    • 臭いがつきにくい
    • 割れにくい

    オーダーメイド義歯は大量生産するようなものではなく、患者さん一人一人のお口の状態にあった調和のとれた入れ歯を専門の歯科技工士と共に誠心誠意つくりあげるものです。オーダーメイド義歯は非常に細かく手間がかかることも事実です。残念ながら保険治療ではできません。しかし費用がかかるゆえに必ず満足していただけるものができます。

料金表

オーダーメイド義歯(片顎) ¥825,000 上下顎で¥1,650,000
プロビジョナルデンチャー(トリートメントデンチャー)(片顎) ¥165,000
キャストパーシャルデンチャー(片顎) ¥330,000
メタルプレート加算 ¥220,000
エステティック加算 ¥220,000
ノンクラスプデンチャー(1歯欠損で両側に健康な歯が残っている場合に限る) ¥33,000
リベース(片顎) ¥110,000

※掲載の料金は税込の金額です。

■オーダーメイド義歯の注意点
・完成するまで、複数回にわたり来院する必要があります。
・長期間の使用や口腔環境により変色、摩耗することがあります。
・使用頻度、噛み合わせによって破損する場合があります。
・残っている歯にむし歯がある場合は、事前の治療を必要とします。

PAGE TOP