Case

  1. 矯正治療case㉞

    • before before
    • after after
    主訴 歯並びのせいか歯石がつきやすいい
    治療方法 全顎的矯正治療
    年代 30代
    性別 女性
    費用 矯正治療 ¥990.000
    治療期間 動的矯正期間14ヶ月
    来院回数 1回/月
    メリット 矯正治療をすることで見た目が良くなることはもちろんだが、歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病になりにく口内環境になる。
    リスク 上顎に対する下顎の大きさに大きな差があることにより、下顎にスペースができてしまっている。小さい下顎に合わせるために上顎の小臼歯を抜歯する選択肢もあったが、何にも問題のない歯を抜くデメリットを考え非抜歯で行った。その場合噛み込みが浅くなってしまう。
  2. 矯正治療case ㉝+ホワイトニング

    • before before
    • after after
    主訴 歯並びを治したい
    治療方法 全顎的矯正治療
    年代 18歳
    性別 男性
    費用 矯正治療費 ¥990.000
    ホワイトニング ¥66.000
    治療期間 矯正治療期間 8ヶ月
    来院回数 月1回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
  3. 矯正治療case㉜+感染根管処置+インプ...

    • before before
    • after after
    主訴 3〜4年前に前医にて前歯の処置をして被せを入れた。半年前に痛みが出て隣の歯と固定している。今は症状ないが、見た目が気になるのでやりかえを希望。
    治療方法 臼歯の欠損、歯根破折もありその原因である噛み合わせの改善を行なってから、欠損部にはインプラント、前歯はセラミックによる修復を行う。
    年代 初診時59歳
    性別 女性
    費用 感染根管処置 ¥97.200
    全顎的矯正治療 ¥990.000
    右下インプラント(2本) ¥880.000  
    左上インプラント(1本) ¥495.000
    ホワイトニング ¥66.000
    ジルコニアインレー ¥93.500×8本
    ジルコニア冠 ¥165.000×3本
    治療期間 動的矯正期間14ヶ月
    初診時からトータル36ヶ月
    来院回数 矯正期間中 1回/月
    インプラント5回
    ジルコニアインレー2回/1歯
    ホワイトニング2ヶ月
    メリット 矯正治療をすることで見た目が良くなることはもちろんだが、歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病になりにく口内環境になる。また臼歯への過度な負担を軽減できるため、歯根破折のリスクを低くすることができる。
    リスク 矯正治療並びにインプラントによる修復治療を行なった場合、定期的な咬合調整は必ず必要になる。また夜間のブラキシズムに対してはナイトトガードは必須である。
  4. 矯正治療case㉛

    • before before
    • after after
    主訴 親知らずが生えている。そのせいで歯並びが悪くなってきた気がする。歯並びについて相談したい。
    治療方法 全顎的矯正治療
    年代 25歳
    性別 男性
    費用 矯正治療費;¥990.000
    治療期間 15ヶ月
    来院回数 1回/月
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク 犬歯誘導は確立できたものの、夜間の歯軋りに対してマウスピースは必須であることを説明。
  5. 矯正治療case㉚

    • before before
    • after after
    主訴 歯並びが心配。
    治療方法 先天性欠損に対して全顎的矯正治療を行う。
    年代 初診時5歳
    矯正治療スタート時15歳
    性別 女性
    費用 矯正治療費;¥972,000
    治療期間 矯正治療期間 8ヶ月
    来院回数 1回/月
    メリット 矯正治療をすることで見た目が良くなることはもちろんだが、歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病になりにく口内環境になる。
    リスク 下顎の先天的欠損部位と上顎の抜歯部位が異なるため咬合関係を完璧にするには難しい。
  6. 矯正治療case㉙

    • before before
    • after after
    主訴 奥歯の歯がしみる。顎関節症で歯科医院にいくたびに歯を削られたが治らなかった。
    治療方法 全顎的な矯正治療
    年代 40代
    性別 女性
    費用 矯正治療費 ¥972.000(消費税8%時)
    治療期間 動的矯正治療期間15ヶ月
    来院回数 20回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク もともと顎位が後方へ移動しやすく、夜間のブラキシズムによる臼歯部への負担が大きいため、矯正治療をしたとしてもナイトガードは必須であることを説明。
  7. 矯正治療case㉘+審美治療casa

    • before before
    • after after
    主訴 いつも奥歯を噛みしめていて疲れる。偏頭痛がある。
    治療方法 全顎的矯正治療により臼歯への負担が少なくなるように咬合を調整していく。
    年代 初診時32歳
    性別 女性
    費用 矯正治療費 ¥972.000(消費税8%時)
    ジルコニアインレー¥93.500×7本
    ホワイトニング ¥66.000
    歯肉移植 ¥88.000×2回
    治療期間 動的矯正治療期間 11ヶ月
    来院回数 20回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。歯肉移植により歯肉退縮および根面う蝕の予防ができる。
    リスク 夜間のブラキシズムに対してはナイトガードが必須であることを説明
  8. 矯正治療case㉗

    • before before
    • after after
    主訴 奥歯の歯が欠けている。母親からみて咬み合わせが良くない気がする。
    治療方法 永久歯が生えそろい、身長の伸びが落ち着いてくる頃になったら全顎的な矯正治療を行う。
    年代 初診時12歳
    性別 女性
    費用 矯正治療費 ¥972.000(消費税8%時)
    セラミックインレー¥70.200×2本(消費税8時)
    治療期間 動的矯正期間10ヶ月
    来院回数 12回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク すでに奥歯には神経がない歯があり、夜間のナイトガードは必須。
  9. 矯正治療case㉖+審美治療case

    • before before
    • after after
    主訴 前歯に虫歯を繰り返している。
    治療方法 全顎的矯正治療を行うことにより、犬歯誘導を確立し、前歯および臼歯部への過度な咬合負担を軽減する。
    年代 40代
    性別 男性
    費用 矯正治療費 ¥972.000(消費税8%時)
    ラミネートベニア ¥143.000(消費税10%時)
    治療期間 矯正期間14ヶ月
    ラミネートベニア2ヶ月
    来院回数 20回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク 歯肉の薄いところは歯肉退縮を起こしやすく、矯正治療終了後に上皮化結合組織移植による根面被覆をお勧めする。右上側切歯は左上側切歯よりもともと幅が小さいため中切歯のみの修復では限界があることを説明。ただ無傷の右上側切歯を削ってまで修復することは悩ましいところであること、もったいないかなと説明。
  10. 矯正治療case㉕

    • before before
    • after after
    主訴 歯石、着色が気になる。
    治療方法 奥歯に治療を繰り返している。また汚れも着きやすいため全顎的矯正治療を行い、臼歯部への負担を分散し、クリーニングしやすい歯列に改善していく。
    年代 45歳
    性別 女性
    費用 矯正治療費 ¥972.000円(消費税8%時)
    治療期間 矯正治療期間18ヶ月
    来院回数 20回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク 顎の変位が大きいため上下の正中をそれぞれまっすぐにすることはできても、上下を完全に一致させることは難しいことを伝えた。また歯の着色はクリーニングで綺麗になるがテトラサイクリン由来の歯の色に関しては、ホワイトニングでは限界があることを伝えた。
PAGE TOP