Case

  1. 審美治療case⑤

    • before before
    • after after
    主訴 右上の前歯が欠けてしまった。スプーンを噛んでかけた。見た目が気になる。
    治療方法 歯肉からの出血の原因となっている歯肉深部の歯石をマイクロスコープの明るい拡大視野下で除去した後、変色してかけてしまったプラスチックの歯を除去し、その日に最終の歯をイメージした仮歯に置き換える。歯肉の回復を待ちながら噛み合わせの調整や、患者さんからの歯の形や大きさの要望を仮歯に反映させていく。
    年代 初診時44歳
    性別 女性
    費用 前歯2本 ¥ 324.000(消費税8%時)
    治療期間 4ヶ月
    来院回数 6回
    メリット 歯周組織を整えることで健康的な歯肉になる。またセラミックによる修復をすることで自然で明るい歯となる。
    リスク 歯並びは良好ではあるが全体的に咬耗があり、夜間のブラキシズムに対するナイトガードは必須
  2. 矯正治療case⑮

    • before before
    • after after
    主訴 八重歯が気になる。矯正治療を考えている。
    治療方法 全顎的矯正治療
    年代 初診時21歳
    性別 女性
    費用 矯正治療費 ¥972.000(消費税8%時)
    治療期間 36ヶ月
    来院回数 40回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク 抜歯して矯正を行うと気道が狭くなる可能性があることを説明。
  3. 根管治療case④

    • before before
    • after after
    主訴 右下奥を5年以上前に虫歯で治療した。膿が溜まって痛くて歯科を受診するも,歯根の奥に膿が溜まってしまっているため,抜歯が必要とそこの歯医者に言われた。本当に治療できないか相談したい。自分の歯を残したい。
    治療方法 マイクロスコープ視野下での根管治療。臼歯部への負担を軽減するため矯正治療を説明するもそこまではしたくないとのこと。
    年代 初診時37歳
    性別 女性
    費用 感染根管処置 ¥143.000
    治療期間 約2ヶ月
    来院回数 6回
    メリット 肉眼では認識できない根管内もマイクロスコープの拡大明視野下では汚れを除去できる。
    リスク 臼歯部への負担が強い噛み合わせのため歯のクラックが起きやすいことを説明。
  4. インプラントcase④ +オーダーメイド...

    • before before
    • after after
    主訴 入れ歯を作って欲しい。今まで何回か作ったが合わない。
    治療方法 上顎の義歯がうまく機能するかどうかは下顎との噛み合わせが重要になる。特に奥歯でしっかりと噛めないと前歯の負担が強くなり,どんなに高額でどんなにいい材料を使ってぴったりな入れ歯だとしても噛んだら落ちてしまう。下顎の臼歯部の噛み合わせを確立するために残念ながら保存不可能な左下は抜歯を行い,インプラントによる修復を行う。
    年代 初診時57歳
    性別 女性
    費用 上顎:オーダーメイド義歯 ¥472.500(消費税5%時)
    左下:インプラント ¥1.207.500 (消費税5%時)
    右下:メタルボンド¥378.000 (消費税5%時)
    治療期間 8ヶ月
    来院回数 20回
    メリット 下の奥をインプラントで補うことにより、上顎の入れ歯への力のかかり方を左右でうまく分配できる。
    リスク 下顎の奥をインプラントで修復するため上顎の義歯にはかなりの負担が強いられる。そのため上顎の歯肉や顎の吸収により適合が悪くなると義歯が割れてしまうことがある。
  5. 矯正治療case⑭

    • before before
    • after after
    主訴 左下の奥歯に冷水痛。以前2回同じところを治療している。右下も虫歯がある。
    治療方法 奥歯に虫歯を繰り返してしまう理由として,両側の犬歯部分がうまく咬合に参加しておらず,奥歯に力が集中してしまいクラックを引き起こしてしまうことが考えられる。そのため単に虫歯の治療をするだけではなく,全顎的な矯正治療により奥歯への咬合負担の改善を試みる。
    年代 28歳
    性別 女性
    費用 矯正費用 ¥972.000(消費税8%時)
    治療期間 矯正期間11ヶ月
    来院回数 15回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク 既に虫歯治療を何度か繰り返しているため,これ以上負担がかからないように夜間のマウスピースは必須であることを説明。また小臼歯を抜歯せずに全体を動かすため歯肉の薄い部位が出てきてしまう。将来の歯肉退縮による根面う蝕を予防する意味でも歯肉移植をお勧めしている。
  6. 矯正治療case⑬

    • before before
    • after after
    主訴 下顎が出てきた。
    治療方法 初診時6歳:下顎前歯の乳歯が抜けないまま永久歯が生えてきた。乳歯を抜歯するも前歯は反対咬合になってしまった。反対咬合用の取り外し式の咬合誘導装置を装着して一旦は正常咬合になる。
    14歳:下顎が出てきたのが気になるとのことで来院。反対咬合と骨格的変化を少しでも改善できるように全顎的矯正を行う。
    年代 14歳
    性別 男性
    費用 全顎的矯正費用 ¥990.000
    治療期間 14ヶ月
    来院回数 16回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク レントゲンにおいて親知らずが横向きに存在していることが確認できたため,現在口腔内では見えないとしてもその萌出力によって歯列を乱してしまう可能性があるため,必ず抜歯をしておく必要がある。
  7. インプラントcase③

    • before before
    • after after
    主訴 歯周病で歯茎が腫れることがある。1ヶ月に一度クリーニングに通っていてその時は痛み止めやぬり薬を処方される。部分入れ歯を薦められ作ってみたものの合わなくて使用していない。
    治療方法 保存不可能な部位は抜歯を行う。臼歯部はインプラントで補綴することにより咬合力を負担し,これ以上前歯が壊れないようにする。
    年代 60歳(初診時)
    性別 女性
    費用 インプラント 右下,右上,左下 大臼歯部2本 ¥840.000×3 (当時の税込5%)
           左上大臼歯部3本 ¥1.207.500 (当時の税込5%)

    来院回数 16ヶ月
    メリット 臼歯部だけの入れ歯にした場合、沈み込みが大きくなるため力がかかれば痛みが出やすくなる。臼歯部をインプラントにすることにより前歯を保護する役割もある。
    リスク 高血圧の薬を服用している。矯正治療までは望まない。歯を失ってしまった原因は歯周病と噛み合わせにあるのでメインテナンスによるクリーニングと咬合調整,夜間のナイトガードは必須であることを説明。
  8. 矯正治療case⑫

    • before before
    • after after
    主訴 正中がずれている。八重歯が気になる。
    治療方法 全顎的矯正治療
    年代 初診時15歳
    性別 女性
    費用 矯正費用 ¥972.000(消費税8%時)
    治療期間 24ヶ月
    来院回数 28回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク 顎が小さく小臼歯,親知らずの抜歯が必要となる。
  9. 矯正治療case⑪インプラントcase⑤

    • before before
    • after after
    主訴 虫歯がたくさんある。10年ぐらい前に貧血で倒れてしまい顎の骨を折ってしまい手術をした。そこから歯科医院が怖くなって治療ができていない。倒れた時に何本か歯が折れてそのままの状態。
    治療方法 全顎的矯正治療により臼歯部のスペースを確保したのちインプラントによる修復を行う。
    年代 初診時(2010年)34歳 
    性別 女性
    費用 矯正治療 ¥972.000 (消費税8%時)
    インプラント¥486.000×2本(消費税8%時)
    治療期間 24ヶ月
    来院回数 40回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク 転倒による衝撃からか両側の顎関節に変形が見られるため,矯正治療を行ったとはいえ下顎は後退しやすいことを説明。矯正治療により側方運動時の犬歯誘導は確立できたが,ナイトガードによる夜間のブラキシズムによる臼歯部への負担を軽減することは必要と説明。
  10. 矯正治療case⑩

    • before before
    • after after
    主訴 歯並びが気になる。祖母に出っ歯では。。と言われている。
    治療方法 親知らずが生えてくる16歳前後からワイヤー矯正治療を行う。
    年代 初診時9歳
    現在21歳
    性別 女性
    費用 矯正治療費:¥972.000(税込8%時)
    右上中切歯:¥140.400(税込8%時)
    治療期間 全顎的矯正期間14ヶ月
    来院回数 18回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク 保定ワイヤーが食事中に取れてしまうことがあるため,もし取れたのに気がついたらそのままにせずにすぐに再着する必要があることを説明。
PAGE TOP