Case

  1. オーダーメイド義歯case①

    • before before
    • after after
    主訴 歯が揺れていて噛めない。歯が前に出てきた気がする。
    治療方法 治療用の義歯で歯茎の形状や噛み癖を読み取り,数ヶ月かけて痛みが出やすい部位や,噛み合わせの改善をしていく。その後その治療用の義歯を参考にして精密に型取り,噛み合わせの記録,人工歯の配列を行い調整していく。
    年代 74歳
    性別 男性
    費用 オーダーメイド義歯 ¥1.260.000
    治療期間 治療用の義歯の調整 4ヶ月
    最終的なオーダーメイド義歯の作成 1ヶ月
    メリット 病気をされ体重の減少を伴う場合,入れ歯が緩くなって落ちてきてしまうあるいは物が内面に入りやすくなるなどの不都合が生じてしまう場合があるが,入れ歯の内面を入れ替えることができるため,一度しっかりしたものを作ればよっぽどのことがない限り修理しながらも長く使うことができる。
    また硬い材料を使用するため,着色しにくくまた着色したとしても研磨すれば綺麗に使用することができる。
    リスク 精密にできるため噛み合わせの調整が甘いと痛みが出やすい。
  2. 根管治療case②

    • before before
    • after after
    主訴 前歯の歯茎が腫れていて違和感がある。他院で抜いた方が治療が1番早いと言われた。抜いてブリッジにしたほうがいいと言われた。健康な歯はなるべく削りたくない。インプラントもまだしたくない。
    治療方法 歯根破折が認められなければまずは感染根管処置を行う。症状が改善されなければその後,歯根端切除術を行う。
    年代 45歳
    性別 女性
    費用 感染根管処置(前歯) ¥73.500
    歯根端切除 (当院で行った歯内療法後半年以内の外科的歯内療法だったため半額)¥52.500
    治療期間 感染根管処置 3ヶ月
    リスク 歯根破折のリスクがある。
  3. インプラントcase③

    • before before
    • after after
    主訴 20代で抜歯をして,それから50年以上部分入れ歯で過ごしている。歯のある右側で噛むため,右下の調子も悪い。肩が凝る。しっかり両方の奥歯で噛めるようになりたい。

    治療方法 理想的には矯正治療を行いその後,インプラントによる咬合負担を左側でも確立する。
    年代 74歳
    性別 男性
    治療期間 3ヶ月
    リスク 矯正治療の必要性を説明するも本人との話し合いの結果,矯正治療まではしたくないとのこと。咬合を確認すると,奇跡的にも側方に顎を動かした時,犬歯ガイドでの臼歯離開が得られるためインプラント治療を行う。(
  4. 矯正治療case⑧

    • before before
    • after after
    主訴 歯並びを綺麗にしたい。金属も白いものに変えていきたい。
    治療方法 全顎的な矯正治療を行った後,セラミックあるいはジルコニアによる補綴修復を行う。
    年代 47歳
    性別 女性
    費用 矯正治療 ¥990,000(税込)
    ホワイトニング. ¥66,000(税込)
    ジルコニアインレー ¥104,500×10本(税込)
    ジルコニア冠 ¥165,000 x 1本(税込)
    治療期間 矯正期間8ヶ月
    ホワイトニング1ヶ月
    補綴修復期間6ヶ月
    来院回数 矯正期間 1回/月
    補綴修復期間 2回/月
    リスク 夜間のブラキシズムによる詰め物の破損や歯のクラックを防止するためにマウスピースは必須であることを説明。
  5. 根管治療case①

    • before before
    • after after
    主訴 左上の差し歯が取れた。鈍痛もある。他院で2件見てもらったがいずれも歯が短くて根の先が痛んでいるから残すことは難しく,抜歯の必要があると言われた。
    治療方法 マイクロスコープで根管内を確認して,破折していなければ根管処置を行う。その後症状が消えれば根管内をMTA(Mineral Trioxide Aggregate)で根充する。
    年代 40歳
    性別 男性
    費用 感染根管処置(小臼歯)¥ 121.000(税込)
    メタルボンド冠 ¥ 126.000(税込)
    治療期間 3ヶ月
    来院回数 6回
    リスク MTAセメントにより根の変色や歯根破折のリスクがある。ナイトガードは必須。
  6. 矯正治療case⑦

    • before before
    • after after
    主訴 歯並びを治したい。
    治療方法 全顎的矯正治療により咬合を改善する。ただし右下側切歯,犬歯が癒合歯として存在するため,上下の正中を合わせることを目標とはせず,あくまで顎位を優先していく。また左上第2大臼歯は破折により保存不可能。
    年代 46歳
    性別 女性
    費用 矯正治療 ¥990,000(税込)
    ホワイトニング. ¥66,000(税込)
    治療期間 矯正期間 18ヶ月
    ホワイトニング 1ヶ月
    来院回数 矯正期間中 1回/月
    リスク 左上第2大臼歯の代わりにその奥の智歯を咬合に参加させるように予定をするも,アンキローシス(智歯と骨が癒着)が判明し,智歯を利用することができなくなってしまった。そのため咬合圧に左右差が出てしまう可能性があることを説明。また既に修復済みのコンポジットレジンや失活歯の変色に関してはホワイトニングでは限界があることを説明。
  7. 歯周病治療case④

    • before before
    • after after
    主訴 前歯の歯並びと歯茎の黒いところを綺麗にしたい。
    治療方法 上顎中切歯はもともと受け口のように下顎よりも内側に入っていたと思われるが,歯を削って冠を被せる治療によって方向を変えて前に出している。歯根の方向に対して無理があるので歯根破折のリスクが上がってしまうと思われる。もとの歯根の向きのまま仮歯を作り,全顎的な矯正治療により咬合を改善する。また歯茎部が露出してしまった部位に関しては,マイクロスコープを用いて口蓋の上皮下結合組織を利用して根面被覆を行う。
    年代 48歳
    性別 女性
    費用 矯正治療 ¥990,000(税込)
    Metal tattoo 除去及び歯肉移植 ¥88,000(税込)
    ジルコニア冠 ¥165,000 x 2本(税込)
    左下 根面被覆術 ¥88.000(税込)
    治療期間 矯正期間 10ヶ月
    歯肉移植及び補綴期間 4ヶ月
    来院回数 矯正期間中 1回/月
    歯肉移植及び補綴期間 2回/月
    リスク 既に歯根が短いため歯根破折を防ぐために夜間のナイトガードが必須であることを説明。
  8. インプラントcase②

    • before before
    • after after
    主訴 左上6番あたりが痛み出してきた。他院で3年前に左上と右下にインプラントを入れたが治療方針に不安を感じそのまま通うのをやめた。
    治療方法 初診時の前歯部咬合関係は開口。左側犬歯は欠損に対してインプラントによる修復済み。右側犬歯は歯根にかなり長いコアがすでに入っている。修復済みの冠が壊れないようにわざと咬合させていないのか、もともと開口でなのかわからない。臼歯部への負担が強く、右下第2小臼歯はすでに欠損していてインプラント修復済み。右下第2大臼歯はインプラント埋入まで済んで当院に来院。左上第一大臼歯も破折していて崩壊寸前。他の部位も破折まではいかないが咬合負担による神経の処置済み歯や齲蝕歯が多い。
    本来の原因である前歯の咬合関係を改善できなければ,歯が割れて抜歯をして、そこにインプラントを入れてという,この負の連鎖は多くの歯を失うまで続いてしまう。前歯と犬歯の咬合関係を改善し,臼歯部への負担を軽減するために全顎的矯正治療を行う。その後補綴修復を行い咬合を確立する。
    年代 57歳
    性別 女性
    費用 矯正治療 ¥990,000(税込)
    歯肉移植 ¥88,000(税込)
    セラミックインレー ¥104,500×2本(税込)
    ジルコニア冠 ¥165,000 x 14本(税込)
    インプラント ¥495.000(税込)(左上6番のみ)
    治療期間 矯正期間6ヶ月
    補綴修復期間8ヶ月
    来院回数 矯正期間1回/月
    補綴修復期間 2回/月
    リスク 左側犬歯は欠損に対してインプラントによる修復済み。右側犬歯は歯根にかなり長いコアがすでに入っているため,ナイトガードは必須。また定期的な咬合調整,メインテナンスが必要であることを説明。
  9. 矯正治療case⑥

    • before before
    • after after
    主訴 奥歯でうまくかめない。金属を白い歯に換えたい。
    治療方法 左上第2小臼歯は歯根破折のため抜歯。その後全顎的な矯正治療により,咬合による負担を均等にする。
    虫歯治療とともに金属の詰め物を順次セラミックあるいはジルコニアに交換していく。
    年代 56歳
    性別 女性
    費用 矯正治療 ¥990,000(税込)
    歯肉移植 ¥88,000(税込)
    ホワイトニング. ¥66,000(税込)
    ジルコニアインレー ¥104,500×2本(税込)
    ジルコニア冠 ¥165,000 x 12本(税込)
    治療期間 矯正期間12ヶ月
    ホワイトニング1ヶ月
    歯冠修復8ヶ月
    来院回数 矯正中 1回/月
    歯冠修復期間 2回/月
    リスク 抜歯した左上第2小臼歯部のスペースを利用して矯正をしていくため,左右での歯の大きさが異なってしまうことを説明。また正中も上下がピッタリと合わせることは難しいことを説明。
  10. 歯周病治療case③

    • before before
    • after after
    主訴 他の医院で10年前に入れたブリッジの匂いが気になる。
    噛み合わせもしっくりこない。

    診断/右上側切歯と左下側切歯がそれぞれ欠損している。また左下の小臼歯部は舌側に傾斜しており、大臼歯部のみ咬合している。そのためか左下第2大臼歯は破折していて保存不可。
    治療方法 全顎的な矯正治療により,咬合による負担を均等にする。
    虫歯治療とともに金属の詰め物を順次セラミックに交換していく。
    年代 40歳
    性別 女性
    費用 矯正治療 ¥990,000(税込)
    歯肉移植 ¥88,000(税込)
    セラミックインレー ¥104,500×7本(税込)
    ジルコニア冠 ¥165,000 x 13本(税込)
    治療期間 36ヶ月
    リスク 欠損歯があるため最終的な仕上がりに左右差が出ることを説明。またすでに根管治療済みの歯も多いため、咬合による歯根破折の可能性があることを説明。
PAGE TOP