Case

  1. インプラントの症例

    • before before
    • after after
    主訴 奥歯がなくて噛めない。
    治療方法 もともと前歯が噛んでいなかったことが原因で、臼歯部に過度な負担がかかって歯が割れて、抜歯に至ってしまった経緯があるため、矯正治療により全体のかみ合わせを調整しつつ、欠損部に対してはインプラントによる修復を行う。
    年代 56歳
    性別 女性
    費用 矯正治療¥990,000(税込)
    インプラント治療 右下¥495,000  左下¥880,000(税込)
    リスク ただ単に歯がなくなってしまったからそこをインプラントで治すとは考えていないことを説明。歯を失ってしまった原因を解決せずにインプラント治療を行なった場合、インプラントと嚙み合う歯や他の部位に負担がかかってしまうことを説明。またインプラントは一生モノであるとは言い切れないこと、インプラント周囲炎についても説明。定期的なメインテナンスと噛み合わせのチェックは必須。夜間のブラキシズムに対してナイトガードを必ずしていただくようにお願いした。
  2. 審美治療の症例(オールセラミッククラウン...

    • before before
    • after after
    主訴 歯磨きすると前歯から常に出血する。被せ物の境目が気になる。
    診断/冠の不適。歯周病
    治療方法 前歯6本の古い冠を一本ずつ外し、仮歯に置き換える。その際マイクロスコープの拡大視野下で歯周ポケット内の歯石をしっかりと見て除去する。
    歯肉からの出血、排膿が止まったことを確認した後、セラミック冠にて修復。なお歯茎ラインの不調和があり、矯正治療および歯肉移植による根面被覆の必要性を説明したが、費用と手術が必要であることを理由に矯正治療および歯肉移植までは望まれなかった。
    費用 セラミック冠 ¥165,000×5本=¥825,000(税込)
    右上のみラミネートベニア ¥143,000(税込)
    治療期間 4ヶ月
    来院回数 8回
    リスク 夜間のプラキシズムによるセラミック冠の破折の可能性が高いため、ナイトガードは必須。
  3. 歯周病治療の症例①

    • before before
    • after after
    主訴 歯茎が下がっている。特に右下の歯が長く見える。
    治療方法 マイクロスコープの拡大視野下で歯肉移植を行い、歯肉の厚みと高さを再建する。
    年代 32歳
    性別 女性
    費用 歯肉移植 ¥88,000(税込)
    リスク もともと歯周組織が脆弱であるうえに、矯正治療を行なっているため、他の部位も歯肉の厚みを増やしておいた方が将来的に起こりうる歯肉退縮、根面齲蝕の予防となることを説明。定期的なメインテナンスと噛み合わせのチェックは必須。夜間のブラキシズムに対してナイトガードを必ずしていただくようにお願いした。
PAGE TOP