衛生士による予防プログラム

衛生士による予防プログラム

衛生士の役割

予防歯科

唾液検査

症例

衛生士の役割

歯科衛生士とは、歯科衛生士法に基づき免許が与えられているプロフェッショナルです。
予防処置、診療補助、保健指導、を主に担当します。
手術においても予防においても、患者さんをサポートするには欠かせない存在です。

予防処置

患者さん1人1人に担当の歯科衛生士がつき、長期に渡って口腔内の管理を行いますので日々のセルフケアの強い味方になるはずです。
豊富な専門知識とコミュニケーションでサポートを行いますので何でもご相談ください。

診療補助

歯科診療は、歯科医師を中心とした「チーム医療」です。
衛生士は、歯科医師の補助はもちろん、医師の指示を受けて治療の一部を担当することもあります。
また、確実な衛生管理を行う為には衛生士の協力が不可欠となります。
 
衛生士のサポートによってチームとして円滑な治療を行うことが出来るのです。

保健指導

むし歯や歯周病は生活習慣病です。
治療よりも予防、本人自らが生活習慣を改善することが大切です。
その為に、正しい生活習慣やセルフケアを実行するための専門的な指導も必要不可欠です。
口腔ケアはもちろん、食べ物の食べ方や噛み方の指導も行います。