Case

  1. 矯正治療case⑳

    • before before
    • after after
    主訴 歯並びを見てほしい。
    治療方法 全顎的矯正治療
    年代 初診時19歳
    性別 男性
    費用 矯正治療費 ¥972.000(消費税8%時)
    治療期間 16ヶ月
    来院回数 20回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク 非抜歯での対応となるため歯を並べるスペースが少なく、臼歯部のブラッシングは特に気をつける必要がある。
  2. 矯正治療case⑲+歯周病治療+ホワイト...

    • before before
    • after after
    主訴 ずっと前から左下の被せ物が取れたまま放置していた。右上の奥も歯の大部分が欠けてしまっている。
    治療方法 前歯で咬むことができていない為、奥歯の負担が強く、左下第2大臼歯には既にヒビがはいっていて保存不可能。抜歯を行い、親知らずを矯正治療で噛み合わせに参加させる。
    年代 初診時55歳
    性別 女性
    費用 矯正治療代:¥972.000(消費税8%時)
    歯肉移植代:¥86.400 (消費税8%時)×4箇所
    ホワイトニング:¥64.800 (消費税8%時)

    治療期間 動的矯正期間16ヶ月
    ホワイトニング期間2ヶ月
    来院回数 25回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク 上顎が下顎に比べて2本少ないため、理想よりかみ合わせが浅い。また既にクラックが入ってしまっている歯もある可能性は高い。夜間のブラキシズムに対するナイトガードは必須であることを説明。
  3. 矯正治療case⑰

    • before before
    • after after
    主訴 歯並びを治したい。できれば歯を抜かずに治したい。他院にて2件ほど相談したが決められなかった。1件は親知らずを抜かないといけないと言われた。もう一件は4番目の歯を抜かなければいけないと言われた。
    治療方法 親知らずが生えてくる15歳前後に,親知らずの前の第2大臼歯を抜歯してそのスペースを利用して全体を動かす。親知らずが生えてきたら矯正力で歯列に誘導する。
    年代 初診時12歳
    性別 女性
    費用 矯正治療費 ¥972.000(消費税8%時)
    治療期間 矯正期間 48ヶ月
    来院回数 50回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク 親知らずがまれに歯槽骨と癒着していることがあるため,第2大臼歯の抜歯を選択する場合は非常に慎重に診断しなければならない。
  4. 矯正治療case⑮

    • before before
    • after after
    主訴 八重歯が気になる。矯正治療を考えている。
    治療方法 全顎的矯正治療
    年代 初診時21歳
    性別 女性
    費用 矯正治療費 ¥972.000(消費税8%時)
    治療期間 36ヶ月
    来院回数 40回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク 抜歯して矯正を行うと気道が狭くなる可能性があることを説明。
  5. 矯正治療case⑭

    • before before
    • after after
    主訴 左下の奥歯に冷水痛。以前2回同じところを治療している。右下も虫歯がある。
    治療方法 奥歯に虫歯を繰り返してしまう理由として,両側の犬歯部分がうまく咬合に参加しておらず,奥歯に力が集中してしまいクラックを引き起こしてしまうことが考えられる。そのため単に虫歯の治療をするだけではなく,全顎的な矯正治療により奥歯への咬合負担の改善を試みる。
    年代 28歳
    性別 女性
    費用 矯正費用 ¥972.000(消費税8%時)
    治療期間 矯正期間11ヶ月
    来院回数 15回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク 既に虫歯治療を何度か繰り返しているため,これ以上負担がかからないように夜間のマウスピースは必須であることを説明。また小臼歯を抜歯せずに全体を動かすため歯肉の薄い部位が出てきてしまう。将来の歯肉退縮による根面う蝕を予防する意味でも歯肉移植をお勧めしている。
  6. 矯正治療case⑬

    • before before
    • after after
    主訴 下顎が出てきた。
    治療方法 初診時6歳:下顎前歯の乳歯が抜けないまま永久歯が生えてきた。乳歯を抜歯するも前歯は反対咬合になってしまった。反対咬合用の取り外し式の咬合誘導装置を装着して一旦は正常咬合になる。
    14歳:下顎が出てきたのが気になるとのことで来院。反対咬合と骨格的変化を少しでも改善できるように全顎的矯正を行う。
    年代 14歳
    性別 男性
    費用 全顎的矯正費用 ¥990.000
    治療期間 14ヶ月
    来院回数 16回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク レントゲンにおいて親知らずが横向きに存在していることが確認できたため,現在口腔内では見えないとしてもその萌出力によって歯列を乱してしまう可能性があるため,必ず抜歯をしておく必要がある。
  7. 矯正治療case⑫

    • before before
    • after after
    主訴 正中がずれている。八重歯が気になる。
    治療方法 全顎的矯正治療
    年代 初診時15歳
    性別 女性
    費用 矯正費用 ¥972.000(消費税8%時)
    治療期間 24ヶ月
    来院回数 28回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク 顎が小さく小臼歯,親知らずの抜歯が必要となる。
  8. 矯正治療case⑪インプラントcase⑤

    • before before
    • after after
    主訴 虫歯がたくさんある。10年ぐらい前に貧血で倒れてしまい顎の骨を折ってしまい手術をした。そこから歯科医院が怖くなって治療ができていない。倒れた時に何本か歯が折れてそのままの状態。
    治療方法 全顎的矯正治療により臼歯部のスペースを確保したのちインプラントによる修復を行う。
    年代 初診時(2010年)34歳 
    性別 女性
    費用 矯正治療 ¥972.000 (消費税8%時)
    インプラント¥486.000×2本(消費税8%時)
    治療期間 24ヶ月
    来院回数 40回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク 転倒による衝撃からか両側の顎関節に変形が見られるため,矯正治療を行ったとはいえ下顎は後退しやすいことを説明。矯正治療により側方運動時の犬歯誘導は確立できたが,ナイトガードによる夜間のブラキシズムによる臼歯部への負担を軽減することは必要と説明。
  9. 矯正治療case⑩

    • before before
    • after after
    主訴 歯並びが気になる。祖母に出っ歯では。。と言われている。
    治療方法 親知らずが生えてくる16歳前後からワイヤー矯正治療を行う。
    年代 初診時9歳
    現在21歳
    性別 女性
    費用 矯正治療費:¥972.000(税込8%時)
    右上中切歯:¥140.400(税込8%時)
    治療期間 全顎的矯正期間14ヶ月
    来院回数 18回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク 保定ワイヤーが食事中に取れてしまうことがあるため,もし取れたのに気がついたらそのままにせずにすぐに再着する必要があることを説明。
  10. 矯正治療case⑨

    • before before
    • after after
    主訴 前歯に隙間がなく斜めに生えてきたため,8歳から拡大床をやっていてその後9歳から前歯だけの矯正ワイヤーをつけている。綺麗に並ぶ感じがなく今通っているその歯科医院では口唇の筋力が足りないのが原因と言われた。本当にそうなのか聞きたい。
    治療方法 まずは今入っている歪んだワイヤーは外し,しばらくは成長に伴う自然な変化を経過観察しながら、永久歯が全て生え揃い,身長の伸びが終わる16歳前後から全顎的な矯正治療を行うことを説明した。
    年代 初診時10歳 現在21歳
    性別 女性
    費用 矯正治療費:¥990.000
    治療期間 全顎的矯正治療期間13ヶ月
    来院回数 16回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク 保定ワイヤーは食事中たまたま取れる可能性はあるため、もし取れたことに気がついたらそのままにせずすぐに修理する必要がある。
PAGE TOP