News & Blog

矯正治療、どの方法がいいの?治療の特徴か...

矯正治療に興味があっても、いったいどの方法がいいのかちょっとよくわからない、という方もいるのではないでしょうか。矯正治療といっても、現在ではいろいろなタイプの矯正治療がありますし、子供と大人の場合でも治療法が異なります。

今回は様々な矯正治療について、種類とそれぞれの特徴についてご紹介し、治療法を選ぶ際の参考にしていただければと思います。

成人矯正と小児矯正

成人矯正と小児矯正
まず、大きな区切りとして、成人矯正と小児矯正というものがあります。成人矯正は大人の歯に全て生え変わってから行うもの、そして小児矯正は乳歯のある時期に行う矯正治療のことをいいます。

小児矯正は主に、顎の発達をコントロールしながら、正常なかみ合わせを誘導する治療となりますので、「顎顔面矯正」や「咬合誘導」などと呼ばれることもあります

一方、成人矯正は本格的に歯を並べる矯正治療ということで「本格矯正」と呼ばれることもあります。

子供の矯正治療(小児矯正)

子供の矯正治療は乳歯がまだ残っている段階(中学生くらい)まで行われます。永久歯に全て生え変わった後は、大人の矯正治療と同じものとなります。

小児矯正では、マウスピース型のものなど、取り外し式のものを使うことが多く、固定式のものであっても、シンプルで目立たないものがほとんどです。また、自宅にいる時だけ使うタイプのものもあります。

小児矯正の利点は、発達途中の顎の発育をコントロールしながら矯正治療ができるので、理想的な顎の形、そして健康的な歯並びにしていけることです。

小児矯正は、永久歯が生え揃った時点で歯並びもある程度整っていれば、終了となる場合もあります。ですが、微妙な歯のガタガタなどが残っている場合には、必要に応じて本格矯正を行った方が良い場合もあります。

でも、もし本格矯正に移行する場合でも、顎の成長はほぼベストな状態に整えられていますし、ある程度歯の位置も整っているため、本格矯正でありがちな「抜歯をしなければ並べられない」矯正になる可能性が低く、矯正期間も短くすることができます。

成人の矯正治療(成人矯正)

成人の矯正治療(成人矯正)
全てが永久歯に生え変わっているならば、成人矯正治療になります。全て永久歯に生え変わっている段階では、ほぼ顎の成長も終わっています。

そのため多くの場合、並べるスペースを作り出すために、どこかの歯を間引いて(抜いて)歯を並べる必要性が出てきます。

治療期間は症例にもよりますが、だいたい1年半〜3年くらいです。成人矯正として一般的によく行われている方法としては、主に次のようなものがあります。

表側矯正

一番広く行われているもので、歯の前面に一本一本「ブラケット」と呼ばれる器具を装着して、ワイヤーを通す方法です。ブラケットは金属色のものの他にも、プラスチックやセラミックを使った白色または透明な、目立たないものも充実しており、とても人気があります。

表側矯正は、ほとんどどんな症例に対しても適用できるのが大きな強みです。

舌側矯正

表側矯正とは違い、ブラケットを歯の「裏側」につけて行う矯正治療法です。表から装置が全く見えないので、矯正していることに気づかれたくない方に向いています。

舌側矯正は高度な技術を必要とし、治療期間や治療時間が長めにかかることがあります。また、症例によっては適用できない場合もあります。

マウスピース矯正

最近とても人気のある、新しい矯正治療法です。透明な取り外し可能なマウスピースを装着するだけで、歯が少しずつ動いていきます。

マウスピースは装着していても目立たず、お食事や歯磨きの時には外しますので、生活が不便になることもありません。ただし、こちらも症例によっては対応できないことがあります。

それぞれの治療が可能かどうかは、顎の状態、歯並び・かみ合わせの状態を十分に診査したうえで判断します。矯正治療に興味のある方はぜひご相談ください。

PAGE TOP