Case

審美治療の症例(ラミネートベニア)

    • before before
    • after before
  • 症例情報

    主訴 前歯のむし歯を樹脂で詰めてあるところが変色していて気になる。また歯の先端の色が薄いところも治したい。
    診断/コンポジットレジンの劣化および咬耗。
    治療方法 前歯4本の古いコンポジットレジンを除去しながらその下にあるむし歯を除去。その後ラミネートベニアによる修復を行うため形成し仮に置き換える。
    その際マイクロスコープの拡大視野下でむし歯の取り残しがないように、肉を傷付けないように、最小限の形成で済むように注意していく。
    仮歯セット後しばらくその状態で生活していただき、取れたりしないか、長さや幅などの見た目の好みなどをすり合わせていく。
    さらに色や形の要望をお聞きした後、セラミックよるラミネートベニアにて修復。
    費用 ラミネートベニア ¥165,000×4本=¥660,000(税込)
    治療期間 2ヶ月
    来院回数 6回
    リスク 夜間のプラキシズムによるセラミック冠の破折の可能性が高いため、ナイトガードは必須。
  • 治療詳細

    after

PAGE TOP