Case

矯正治療case㉒

    • before before
    • after before
  • 症例情報

    主訴 右下の奥歯の歯茎から膿が出る。数年前より何度か根管治療をしてもらっているが再発する。
    治療方法 右下奥歯の冠を外すと既に歯根が割れてしまっていた。前歯が咬合しておらず、歯軋りの自覚もあり、下顎の内側に咬合力が過度にかかった場合にできる骨隆起もある。残念ながら奥歯が割れてしまう条件が揃ってしまっているため、矯正治療で全体で噛めるようにしてから、抜歯した奥歯にはインプラントによる修復を行う。
    年代 初診時29歳
    性別 女性
    費用 矯正治療費¥972.000円(消費税8%時)
    インプラント¥495.000円
    治療期間 矯正治療期間 24ヶ月
    インプラント3ヶ月
    来院回数 30回
    メリット 矯正治療により見た目が良くなるだけでなく、ブラッシングもしやすくなり、虫歯のリスクを下げることができる。また全体で噛めるようになるため、臼歯部への過度な負担を減らすことができる。
    リスク 矯正治療をしたとしても、既に咬耗している歯もあり、顎位も安定しないため夜間のマウスピースは必須
  • 治療詳細

    初診時 下から煽って写真を撮ると前歯が噛んでいない。そのため奥歯に負担がかかってしまっている。

    初診時(下顎)右下奥歯に過度な負担がかかっていて何度か治療を繰り返しているとのこと。歯根は既に破折してしまっていたため抜歯の必要があった。

    メインテナンス時(下顎)

    初診時(上顎)

    メインテナンス時(上顎)

    矯正スタート時(正面)

    メインテナンス時(正面)

  • 当院からのコメント

    矯正治療を行なったとしても顎位は後ろに下がりやすく、噛み合わせを確立するのは本当に難しい。

     

     

     

    矯正治療に関するページはこちらhttps://www.kokoro-dc.jp/orth/

    インプラントに関するページはこちらhttps://www.kokoro-dc.jp/implant/

PAGE TOP