News & Blog

インプラントが適している人はどんな人?

インプラントに興味はあるけど、もしやってみて合わなかったらどうしよう・・と不安に感じている方もいらっしゃるかもしれません。インプラントは安い治療ではありませんし、なるべく治療を受けたら後悔せず、満足な結果に終わりたいものです。そこで今回は、インプラントが適しているのは特にどのような人なのか、ということについて解説していきたいと思います。

こんな人はインプラントが合っている

こんな人はインプラントが合っている

周りの歯を削りたくない人

インプラントで治療をする場合、ブリッジのように周囲の歯を削る必要はありません。ブリッジ治療は、少数本歯を失った場合に、周囲の歯を削ってかぶせるだけで、簡単に短期間で歯を補うことができるため、多くの人に選ばれています。ですが、ブリッジは「周囲の健康な歯を削る」という大きな代償を払わなければなりません。

それに対し、インプラントは歯がない部分に単独で歯を補うことができるため、周囲の歯を健全に保つことができます。

周囲の歯に異常な力をかけたくない人

ブリッジは隣の歯を削ること自体が大きなダメージとなりますが、歯を失った部分にかかるべき力を両隣の歯が担うことも大きな負担となります。

また、取り外し式の入れ歯で治療をする場合、歯のない部分の両隣の歯には金具がかかり、物を噛むたびに、両隣の歯に引っ張るような揺さぶりの力がかかり続けます。このような異常な力は歯周病を進行させる原因となりますし、金具がかかる部分に歯垢がたまりやすくなるので、そこから虫歯にもかかりやすくなります。

なるべく自然な感じで噛みたい人

インプラントは天然歯のようにしっかりと噛めるのが大きな特徴だと言えます。一般的に、噛む効率は入れ歯で天然歯の30%くらい、ブリッジの場合は天然歯の60%くらいだと表現されます。インプラントは、天然歯の80−90%くらいの咀嚼力が発揮できる、というように言われていますので、何でも美味しくしっかり噛みたいという人に特に向いています。

固定式の装置がいい人

インプラントの場合、外から見える部分は被せ物の部分だけになりますので、特にセラミックにした場合では天然の歯のような見た目になります。

また、固定式の装置ですので、歯のお手入れ方法に関してもほぼ天然歯の場合と変わりません。つまり、自分の歯を磨くように、普通に歯を磨くようにすれば大丈夫です。

一方、入れ歯の場合だと、取り外していちいち入れ歯を洗い、ご自分の歯の方は別に磨かなければなりません。ブリッジの場合は固定式ではありますが、偽の歯がついているつなぎの部分は、装置自体の形が複雑であり、隅々まで磨くのはかなりの努力が必要になります。

骨がちゃんと残っている人

インプラントは顎の骨にインプラントの人工歯根を埋めなければなりませんので、顎の骨がきちんと残っていなければ埋めることができません。それゆえ顎の骨の厚みや高さがしっかりと残っている人にはとても向いていると言えます。ですが近年、顎の骨が少なくてもインプラントができるようになってきており、より多くの方にインプラント治療を受けていただけるようになってきました。

きちんとメインテナンスができる人

きちんとメインテナンスができる人
インプラントは顎の骨に埋まっていますが、歯の頭の部分はお口の中に露出していますので、細菌感染には注意が必要です。細菌感染が起こり、悪化するとインプラント周囲の骨が溶けてインプラントを支えきれなくなってしまうからです。

それゆえ、毎日歯磨きをきちんとできる人、かつ定期的に歯医者でのメインテナンスをしっかりと受けられる人でなければ、せっかく埋めても長持ちさせることができず、残念な結果に終わってしまいます。

喫煙しない人

タバコは歯の健康にとって大敵なものです。喫煙者は歯周病のリスクが5倍以上にもなると言われています。そして、たとえ歯周病治療を行なっても治療の効果が出にくく、歯を失うことになりやすいことがわかっています。これはそのままそっくりインプラントにも同じことが言えます。

入れ歯が合わない人

歯をたくさん失うにつれ、ブリッジにはできなくなりますので入れ歯を使用する人が多くなってきます。でも、入れ歯というのはなじみやすい人、なじみにくい人が分かれるものです。中には辛い思いをしながら仕方なく入れ歯を使っている人もいます。

でも現在では多数の歯を失った場合にもインプラントできる技術が発達してきています。どうしても入れ歯が合わないという方は、インプラントで解決できる場合もありますので、ぜひご相談ください。

PAGE TOP