News & Blog

歯医者が神経を取りたくないのにはこんな訳...

歯医者で「なるべく神経を取らずに様子を見ましょう」と言われたことはありませんか?神経を取ってくれれば歯が痛くなくなるのに、どうして神経を取らないんだろう?と疑問に思われた方もいるかもしれません。

でも、歯医者が極力神経を取りたくないのには大きなわけがあります。今回はそのわけについてご紹介していきます。

歯の神経を取ったらもう歯は痛くなくなる?

歯の神経を取ったらもう歯は痛くなくなる?
まず、多くの人が勘違いしていることとして、「神経を取ったらもう歯が痛むことはない」ということがあります。歯の痛みを起こすのは神経なのだから、いっそのこと取ってしまった方が痛くならなくていい、と考える人もいるかもしれません。

でも、歯の神経を取ってもまた歯が痛むことはあります。歯の内部の神経が取られてその部分に痛みを感じなくなっても、歯の周囲に炎症を起こして、そこが痛むことがあるからです。そればかりか、歯にとって大事な神経を取ってしまうと、色々と不都合なことが起こってくるのです。

神経を抜いた歯はこうなる

歯が割れやすくなる

歯の神経を抜く際、神経の周囲にある血管も抜き取ることになります。血管は歯に栄養を送っていて、適度な弾力性を与えています。ところが、神経と血管を失った歯はその弾力性を失い、ただ硬いだけの枯れ木のような状態になってしまいます。

そうすると、硬いものを噛んだ拍子や歯ぎしりなどの強い力がかかった際に歯が真っ二つに割れてしまうことがあるのです。

そのため、神経を抜くと結果的に歯の寿命を縮めてしまうことになってしまうため、歯医者は極力神経を保存しようと試みるのです。

虫歯ができても気づかない

歯の中に神経があることによって、虫歯が進行してくると痛みというシグナルが起こり、私たちは虫歯があることに気づくことができます。しかし、神経がなくなってしまった歯というのは、虫歯ができて細菌が歯に入り込んでもそれを感知することができません。

それゆえ、私たちが気づかない間に細菌がどんどん内部に入り込んでしまい、歯をどんどん破壊していってしまうのです。

歯の色が黒っぽくなっていく

歯の神経がなくなると、歯の色がだんだんと黒っぽく黒ずんでいきます。最初のうちは目立ちませんが、年数が経つにつれて黒ずみがひどくなり、審美的な影響が出てきます。

歯根の先端に膿を溜めることがある

歯の中に神経がないため、細菌が内部に入り放題になり、その細菌が根の先端に膿だまりを作ることがあります。その膿だまりが炎症を起こして強い痛みや歯茎、顔の腫れを引き起こし、周囲の骨をどんどん破壊していってしまいます。

歯の神経を守るためには

歯の神経を守るためには
歯をできるだけ長持ちさせるためには、歯の神経を極力取らずに保存することが大切です。そのためには次のようなことに気をつけましょう。

定期検診を受け、虫歯予防・早期発見に努める

歯が痛くなってから歯医者に行く、という方は高確率で神経を抜かなければならなくなる可能性が高くなります。なぜかというと、歯というのは痛みが出てしまっている時点で神経の炎症がひどくなっていて、もう神経を抜くしかない状態になっていることがほとんどだからです。

つまり、神経を保護するためには、痛みがなくても定期的に歯医者に通い、虫歯予防、虫歯の早期発見をすることが大切になってきます。

虫歯は早めに治療をすることによって、神経を残せる可能性が高くなりますし、痛みも少なく、簡単な治療で済ませることができます。

歯周病予防にも注意を払う

歯周病と虫歯は関係ないように思えますが、歯周病からできる虫歯というのもあり、これが原因で神経を取らなければならない場合も、実は珍しくありません。

具体的には歯周病で歯茎が下がり、露出した歯根の表面から虫歯ができてしまい、そこから神経に達してしまうケースが多く見られます。

そのため、歯周病を防ぐ意味でも定期的に歯科で歯周病ケアを受けることが大切です。

歯ぎしりのダメージから歯を守る

歯ぎしりなどの強い力によって歯に亀裂が入り、神経に炎症を起こすケースもあります。歯ぎしりは歯自体を真っ二つに割ってしまう事もあり、その時点で抜歯せざるを得なくなるケースというのもありますが、いずれにせよ、歯ぎしりというのは放置しておくと、歯に多大なダメージを与えるため、夜間に装着するマウスピースなどで歯を強い力から保護することが大切です。

PAGE TOP