News & Blog

インプラント治療を安心して受けるために

インプラント治療は今や、全国の至る歯科医院で受けることができます。患者さんにとって便利になった反面、インプラント治療は高度な技術や設備を必要とする治療であることから、治療が予期しない結果に終わらず、後悔している人も珍しくありません。
そこで、インプラント治療を安心して受けるために大事なことをご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

歯科医師選びに重点を置く

歯科メインテナンス
インプラントを行う歯科医師選びは一番重要だとも言えるポイントです。ポイントとしては、

・インプラント治療の実績が豊富であること
・インプラントを行う設備が十分に整っていること
・事前のカウンセリングや診査・診断をしっかりと行ってくれること
・メリットだけでなく、デメリットについても説明してくれること
・インプラント以外の治療法の選択肢も提示してくれること
・料金体系を明確に提示してくれること
・メインテナンスに力を入れていること

などが挙げられます。

CT診査を行っている歯科医院を選ぶ

インプラントをする前の検査でCTスキャンによる診査を行っていることも欠かしてはならない条件です。かつては、インプラントのための画像検査として、通常歯科で撮影するレントゲン写真のみを行う歯科医院がほとんどでしたが、立体的な詳しい状況がわからないため、手術がうまくいかないことも少なくはありませんでした。

このようなことを避けるためには、インプラント治療を行う前に必ず、立体的に骨の状態や血管、神経の走行がわかるCT撮影を行なっている歯科医院を選ぶ必要があります。

衛生管理がしっかりしている歯科医院を選ぶ

滅菌消毒された歯科用器具
インプラントを成功させるためには細菌感染を防ぐことが最も大切な条件の一つです。そのためには、衛生管理をしっかりと行なっている歯科医院を選びましょう。衛生管理をしっかりと行なっているかどうかの基準として、

・歯科医院全体が清潔に保たれている
・空気清浄機が設置されている
・器具、機械類の滅菌消毒を徹底している
・オペ室を完備している

といったようなことが挙げられます。
消毒滅菌に力を入れている歯科医院は、ホームページにその旨を記載していることが多いので、チェックしてみるとよいでしょう。もちろん当院では衛生管理は必要最低限のこととして、徹底して行なっています。ぜひ安心してご来院ください。

メインテナンスに力を入れている

たとえインプラント手術が成功しても、その後の対応によってはインプラントが早期にダメになる可能性があります。そのため、インプラントを入れた後のメインテナンスをしっかりと行なっているかどうか、というのも重要な基準になります。

当院では、インプラント治療をできるだけ長持ちさせるためにはインプラント治療後のメインテナンスの仕方が特に大事だと考えております。

インプラントを長持ちさせるためには、インプラント周囲炎の原因となる歯周病菌に感染しないような対策が必要となります。そのため、歯周病治療にも精通している歯科医師にかかることも重要なポイントです。

当院の歯科医師は、歯周病治療も専門的に行なっていますので、ぜひご安心ください。

PAGE TOP