News & Blog

歯周病って遺伝は関係ある?

成人の8割がかかっている、またはその予備軍であると言われている歯周病ですが、遺伝が関係しているある種の病気のように、歯周病にも遺伝が関係しているのでしょうか?

歯周病と遺伝との関係

赤ちゃん
歯周病が遺伝病なのか?ということに関していえば、それは「そうではない」と言えるでしょう。歯周病そのものは遺伝することはありません。歯周病というのは、歯周病菌によって起こる病気であり、その発症に関しては、細菌の多さに加えて、体の抵抗力、生活習慣といったものが複雑に絡み合ってきます。

歯周病は家族内で同じような傾向になることがありますが、その理由として、「細菌を家族内でうつし合っている」ということがまず挙げられます。歯周病菌は唾液を介してうつりますので、食器の共有や飲み物の共有など、ふとしたタイミングでうつってしまうことがあります。

また、食生活や生活習慣も大きく関係します。家族内だと同じような食生活をし、歯磨きの頻度なども似通ってくる、というようなことです。

それに加え、歯周病を発症しやすい体質というのはあると考えられます。唾液の質、歯並び、最近に対する抵抗性の強さ、といったようなことです。

歯周病は生活習慣病の要素が大きい

歯周病は、現在、高血圧や糖尿病などと同様、生活習慣病の一つとして数えられています。生活習慣病というのは、かつては「成人病」と呼ばれていましたが、成人になったからと言って皆がかかるものではなく、生活習慣が原因となるため、このように名前が変わっています。

生活習慣病も遺伝的な要素が全くないわけではないのですが、例え遺伝的にかかりやすい体質があったとしても、生活習慣に気をつければ発症せずに済むことも十分にありえます。

歯周病の場合も同様で、たとえ歯周病にかかりやすい素因があったとしても、歯周病にかかる条件を揃えないことで、歯周病にかからないようにすることは可能です。

遺伝の要素が強い歯周病もあります

アイスがしみる女性
大半の歯周病は、「成人型歯周炎」、別名「慢性歯周炎」と呼ばれているものです。これは30〜40代から発症し始め、ゆっくりと進行していくもので、適切な治療を受けることで、進行を止めることが可能です。これには、歯垢の存在、生活習慣が大きく関係しています。

しかし、数少ないケースでは、遺伝の要素がとても強いと言われているものがあります。

早期発現型歯周炎

早くて10代初めという若いうちから発症するタイプの歯周病で、40歳以降で急速に病状が悪化して歯が一気に抜け始めます。このタイプの歯周病は家族内で発症するケースが多く、遺伝的な要因が大きいと考えられています。

急速進行性歯周炎

通常20代以降で発症し、急速に病状が悪化していくものです。

特殊性歯周炎

体の免疫機能に異常が起こる遺伝性の病気(ダウン症候群、好中球減少症、パピヨン・ルフェーブル症候群など)が原因となって引き起こされる特殊なタイプの歯周病です。

歯周病に極力かからないようにするためには

歯周病にかかりやすい遺伝子を持っている人であっても、それを持っているからといって必ず歯周病になるとは限りません。歯周病の発症には様々な要因が絡んでいますので、歯周病を起こしやすくする要素を極力なくしていけば、歯周病にかからないことも可能です。

そのためには、

・歯磨きを正しい方法で行い、プラークを溜めない
・バランス良い食事を心がけ、間食を避ける
・タバコを吸わない
・生活のリズムを整え、ストレスを溜めすぎない

というようなことに気をつけるだけでもかなり違います。これに加え、定期的に歯科での検診、クリーニングを受けていくことで、歯周病を効果的に予防していくことができます。ぜひ参考にしてみてください。

PAGE TOP