News & Blog

乳歯のグラグラ、生え変わり、歯科を受診す...

乳歯が生え変わる際に起こるグラグラは、それほど心配しなくても放っておいて自然に抜けるケースがほとんどです。ですが、中には注意が必要なケースもあります。今回は乳歯のグラグラや生え変わりで歯科を受診するタイミングについてご紹介します。

乳歯のグラグラの原因

歯が痛む子供
乳歯のグラグラの原因は、ほとんどが永久歯への生え変わりによるものです。ですが実は違った原因で起こっていることもあります。乳歯がグラグラする場合、次のような原因が考えられます。

乳歯から永久歯へ生え変わる時

乳歯がグラグラする場合のほとんどはこれが原因です。永久歯が生える時期になると、奥にある永久歯が押してきて、乳歯の歯根が吸収されてだんだん短くなり、しまいには抜け落ちます。

外傷

歯をぶつけたダメージによりグラグラすることもあります。

虫歯で歯が崩壊している

虫歯で歯がボロボロになっている場合、その破片がグラグラしていることがあります。

乳歯のグラグラ、生え変わり、こんな時は歯医者で受診を

ずれた位置に歯が生えた子供
次のようなケースでは、一度歯科で受診をおすすめします。

ぶつけてグラグラしている場合

歯をぶつけたことがきっかけで歯がグラグラしている場合、例え痛みが引いていたとしても、歯科を一度受診することをおすすめします。生え変わりが近い場合にはそのままでも問題ないことがありますが、生え変わりまでにまだ時間がかかる場合、歯を固定するなどの処置が必要になることがあります。

虫歯がひどい場合

この場合、たとえグラグラしていなくても、虫歯によって化膿を起こしたりする恐れがあるため、歯科を受診しましょう。

乳歯の下から永久歯が見えている

乳歯の下から永久歯が見えている場合で、乳歯がなかなか抜けないようであれば、歯科で抜歯をした方が良い場合があります。この状態が長く続くと、お子さんにとってもストレスになりますし、歯磨きがしづらく、永久歯が虫歯になってしまうリスクもあります。

乳歯と明らかにずれた位置から永久歯が出てきた

乳歯の下からではなく外れた場所から永久歯が生えてきた場合、乳歯の歯根がきちんと吸収されずになかなか抜けなくなってしまう可能性があります。乳歯がなかなか抜けないと、永久歯が外れた位置に固定されてしまう恐れもありますので、この場合には早めの抜歯が望まれます。

反対側の同じ歯が抜けたのに、なかなか抜けない

通常、乳歯から永久歯への生え変わりは、だいたい左右で同じ時期くらいに起こります。片方がずいぶん前に生え変わっているのに、もう片方がなかなか抜けない場合、念のために一度レントゲンで確認を取った方が安心です。

乳歯が抜けた後、永久歯がなかなか生えてこない

乳歯が抜けた後なかなか永久歯が生えてこない場合、永久歯がもともと足りない可能性や、永久歯の方向が悪い可能性もあります。この場合も念のため、レントゲンを撮っておくと安心です。

乳歯から永久歯へとスムーズに生え変わることは、永久歯の健全な歯並びにも影響してきます。何かおかしなこと、不安なことがあれば、早めに一度当院へご連絡ください。

PAGE TOP